上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はい、2日目です。

あまり眠れぬまま7:30ごろに起きて、身支度を整え出発!

今回は一人だったので、行きたい場所だけ何となく決めて、時間などは調べずに向かいました。

まずは蹴上インクラインへ!

実は、以前来た時も遭遇していたんですが、当時は正体を知らず「何だここ?歩きにくいなあ」としか思っていなかったんですが、NHKのブラタモリ京都編でその正体を知り、興味が湧くと同時に、こんな貴重なところに行きながら、何を文句垂れていたんだ自分は、と思いまして、再訪した次第です。

ここで「蹴上インクライン」の説明をしましょう。

京都には、琵琶湖から水を引いている「琵琶湖疏水」というものがあります。建設当初は「飲料水の確保」「農業用水の確保」「発電」「水運」あたりを目的にしていました。

(現在も)琵琶湖からトンネルや水路を経て、水が流れ込んでいるのですが、蹴上船だまりと南禅寺だまりの間は勾配が急でそこを船でそのまま下ると危ないので、台車に船を乗せて、その台車をレールに乗せワイヤーで牽引するという、かたちを導入しました。このようなものを傾斜鉄道すなわち「インクライン」と呼びます。

と言っても、分かりにくいでしょうから、図で示して見ます。

蹴上インラインの模式図

まあ、こんな感じです。

さらに実際の写真で見てみましょう。(水運はずいぶん前に衰退して、インクラインは廃止されていますが、飲料水に琵琶湖疏水はまだまだ役立っています)

こちらが、蹴上船だまり
蹴上船だまり

台車が見えていますね。

次がインクラインです。

蹴上インクライン1

もう少し下って、南禅寺船だまりの直前から、蹴上方面を振り返ったもの。

蹴上インクライン2

南禅寺船だまりの直前。往時はこの辺までちゃんと水があったのでしょうが、今は歩けるように整備されています。

蹴上インクライン3

そして、南禅寺船だまり。船が無いので単なる池に見えますけどね(笑)昔は船でにぎわっていたのでしょう。

南禅寺船だまり

ここには琵琶湖疏水に関する展示をしている博物館があります。無料だったので色々見てましたが、模型なんかもあって楽しかったです。

いまだに琵琶湖疏水が流れている証拠写真。蹴上船だまりから分離して、南禅寺の方に流れている疏水分流じゃないかなと思います。有名な南禅寺の水路閣はこの水を通しているんですね。

琵琶湖疏水分流

とりあえず迫力がすごかったです。音も大きかったですし。

このあと、地下鉄から京阪に乗り換えて、出町柳へ向かったのですが、長くなりそうなので、一旦区切ります!

では~。

昨日帰ってきましたよー。

1日目の行程はこんな感じでした。
青春18きっぷ
↑使用した「青春18きっぷ」。旅行時には必須(私だけか)。

熱海に8:20に着く電車で出発!
 ↓
熱海8:23発の沼津行きに乗車
 ↓
8:41沼津着。8:44発の浜松行きに乗車
 ↓
行きでは最も長い2時間越えの乗車区間でした。
18きっぱーにとっては鬼門の「地獄の静岡区間」です(笑)
途中で座ることが出来て、終盤は寝てましたね。
 ↓
10:53に浜松着。
ここで朝ごはん用に買っておいた蒸しパンを、ホームでむしゃり。でも食べきる前に電車が来てしまったので慌てて袋にしまって乗りこみました。まあまあの乗車率でしたね~。
11:03発の豊橋行きに乗車。
 ↓
11:37豊橋着。
豊橋まで来ると、電車の種類が変わって、クロスシート(新幹線と同じ)になるので精神的にかなり楽になります。浜松以降もクロスシートなんですが、基本的に座れないので(笑)
また、「新快速」という早い電車に乗れるのも精神的に軽くなる要因ですね。
11:56発の新快速大垣行き乗車。
 ↓
13:16大垣着。
ここでは少し待ち時間が長かったので、ボーっとしてました。
少しコンコースを眺めたり、とかも。
13:42発の米原行きに乗車。
 ↓
14:17米原着。
ここで、お昼ご飯を食べることにして、来る前から決めていたところへ。

米原駅で売っている駅弁や立ち食いそば屋さんはだいたい井筒屋さんが運営しているのですが、西口を出たところにも井筒屋さんの立ち食いそば屋さんがあります。ここはホームとは違って、建物はちゃんとしていますが、あくまで立ち食いです。私の生まれてはじめての、立ち食いそばです(笑)
かけそばとおいなりさん2つを食べました。

お客さんや店員さんが関西の方言でしゃべっているのを聞いて、関西方面に来たんだなあと感じ入っていました。

14:50発の新快速姫路行きに乗車。
 ↓
15:43に京都到着!

ついに来たぞ~!
4回目の京都だ!

ほとんど無かった写真をドン!

京都駅

宿は河原町にあるカプセルホテルをとっていたので、河原町へ。

16:09発・京都市営地下鉄烏丸線国際会館行きに乗車。
 ↓
16:13四条着。
駅名は違いますが、阪急との乗り換え駅になっていますので移動。
16:17発の阪急京都線河原町行きに乗車。
 ↓
16:19河原町着。

出たらびっくりするぐらいの人の数!!

まあ、祝日前日のしかも金曜ですから、人が多いのは今考えると当たり前ですね…。
関東で言うと、新宿あたりと雰囲気が似てるなあと思いました。
東京なんてどこもそんな感じですけどね……。私は人ごみが苦手なのであまり好きじゃないです。

ちょっと迷った末、宿に到着。

泊ったのは「9hours」というカプセルホテルです。

カプセルホテルは初めてだったので、どんなもんなんだろうと思っていましたが、結構快適でした~。
シャワーの出し方が分からず戸惑ったりしましたけれど(笑)

カプセルホテルでは珍しく(?)女性も泊れるところです。男女でエレベーターとフロアが分かれているので安心ですね。自販機が女性ラウンジにしか無いので、そこだけ男性が立ち入るようでした。でも、これは改修予定と書いてありました。私は行かなかったので、どうなっているのかは不明。

そういえば、カプセル内で食べ物は当然として、飲み物が飲めないので、飲み物を飲むだけのために移動しないといけないのはちょっと不便でしたね。あと、やたら外国人のお客さんが多かったです。下手したら日本人より多かったと思います。確かに英語での表記なども充実していたので、そういうところに力を入れているみたいですね。

夕食のお店は河原町にある繁華街である木屋町通りで探しました。ここはブログで交流のある方に教えてもらった場所なんですが、いやー、人がすごかった……。私が知らなかっただけで有名な通りなんですね。

ぶらーっと歩いたものの、一人では入りにくそうなところも多かったので、どうしようかなあと思ってちょっと路地に入ったところに「油そば」の文字が。
実は「油そば」って食べたことが無くて、どうせなら食べてみるか、と思って入りました。
お店は確か「味の天徳」さんだったと思います。一応全国展開しているお店のようですが、京都にはそこ1店しかないみたいなことが書いてあったような。
味はおいしかったですよ~。

1日目はこれでおしまいでしたが、何故か全然眠れなくて(正確には21:00ごろに意識が無くなり、23:00ごろに目が覚めた)、地味に辛かったです。結局6:00ごろにまた意識が無くなって、7:30ごろ目が覚めてという感じでした。
枕がすごい機能的なまくらなんですが、私はまくら自体は全然気にしない人で、むしろ機能がじゃまみたいなところがあったのかもしれません。

というわけで長々書きました。

2日目以降は写真も増えますので、お楽しみに!

今日から京都へ行きます!

帰ってくるのは月曜日の予定です。

今回は図らずも一人旅になったので、のんびりしつつも、自分と向き合う期間に出来ればいいなと思っています。

したがいまして、ブログも更新出来ないので(スマホから出来るには出来るのですが、やりにくくて好きではないのでたぶんしません)、しばらくは空白期間になると思います。え、今も空白期間だろって?またまた~。……すみません。

ではでは~。
私は基本的に完璧主義者で、なんでもきっちりやろうとします。出来ないと、逆にイライラしてしまって、嫌な気分になるので、上手くいかないものを避ける節があるんですね。

まあ、これはこれで、外の人から信頼されるのでいいのですが、自分が苦しいんですよね。
ましてや自分で考え付いたこととなると、誰も「ここまで出来てればいいよ」と言ってくれないので、自分で勝手にハードルをあげてしまって、最終的に放置という最悪の結末を迎えることがいっぱいあります。

それに、自分で何かを決めるのが好きなので、計画などを立てるのが大好きな反面、押しつけられるととても不満になります。「なんでそんなこと言われなきゃいけなんだ!(プンプン)」みたいな。

でも、この性格自体はおそらく変わらないでしょうし、これは活かしていくしかありません。

というわけで、自分なりの目標をたててみます。

その1、やりたい(思いついた)ことは、思い切りやってみる
その2、やることは簡単に出来るところまでをゴールにして深追いしない
その3、やりたくないことはやらない
その4、どうしてもやらないといけないことは、手短かに済ませる
その5、自己犠牲の精神は捨てる(自分を満足させてなんぼ)


氷菓の奉太郎みたいな文章もありますけどね(笑)
    ↓
「やらなくてもいいことなら、やらない。やらなければいけないことなら手短に、だ」
ちょっとニュアンスが違いますけど。

結果など気にせず、自分がやりたいようにやってみる。
そして、休みたいときには休む。
笑いたい時に笑って、怒りたい時に怒って、泣きたい時に泣いて、楽しみたい時に楽しむ。

元々、きちきちした性格ですし、これぐらい「テキトー」を目指しても大丈夫でしょう。

これで少しはまとまったかな?

私は悩んでいる。

自分がこれから進むべき道がまったく見えない。

人に説明が出来ない。

自分で群れを飛び出しておいて、その先を説明できない。

もどかしい。本当にもどかしい。そして、そんな自分に腹が立つ。

助けを求めて本を読む。

だけど、そこに書かれている内容をそのまま落とし込むなんて無理だ。

私はそんなにポジティブな人間ではない。

いつも最悪を考えて、上手くいかないことを考えてバカみたいにその場でうずくまっている臆病者だ。

そのくせ群れに沿って動くのは大嫌いだ。どうして自分でない誰かが決めたレールにのらなければいけないのだ、と思っている。

ただ、置いていかれるばかりだ。

本当は誰かに認めて欲しいのだ。助けてほしいのだ。

「あなたなら大丈夫。こうしたら?」って。

でも、現実はそうではない。

「大変そうだね。頑張って」
「それで大丈夫なの?」

私の望みをかなえてくれる人など、いない。いや、そういう人と私は付き合ってこなかったのだ。

私はいつも心の中で泣いている。迷子になってしまった子供のように。

誰かに手を引いて欲しい。誰かに「恐かったね」と抱きしめて欲しい。

私は成長できなかったのだ。子供の時から。知識だけはある。考える力だってずいぶん成長した。だけど、自分を律して、力強く進む力を得ることが出来なかった。

私はいわゆる出来る子、良い子と言われてきたから、それなりに幸福な人生を送ってきたんだと思う。だけど、それはおみこしの上で踊っているだけのようなものだった。大人に嫌われるような、怒られるようなことをしてこなかっただけだ。

これからも私はしばらく、迷子のままだろう。光を見つけるのに時間がかかりそうだ。

こんな私をどうか、どうか、見守っていてください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。