上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私は見ていませんが、「ありのままの~」がブームですね。
一応説明するとアナと雪の女王の主題歌「Let it go」の日本語版歌詞の一部です。

作品が面白かったのか、はたまた世相を反映しているのか。
よく分かりませんが、「ありのまま」には少し怖い落とし穴もあるなあと思うよ、というお話です。

とりあえず、「ありのまま」は自己本位の生き方、個人主義的な生き方になります。

自分の行動の軸を誰かではなく、「自分」に置くということです。

しかし、これにもメリット・デメリットがあります。

メリットはとりあえず楽です。自分の好きなように、自分がしたいようにするわけなので、そりゃ楽です。もちろん他人の自由を奪ってはいけないという制約は必要ですけれども。

デメリットは人に嫌われてしまう、受け入れられないかもしれないということです。行動軸を他人においていない以上、他人の自分への評価は他人次第です。それは覚悟しなければいけません。もっとも、自分を殺して生きても他人に嫌われることはあるんですけどね。

なので、「ありのままの私を好きになって」とかいうのは、無理難題なわけです。好きになる人もいれば、嫌いになる人もいるよということです。

まあ、ありのままでいるというのは多分これから大事なことになっていくんだろうなあとは思います。集団自体が流動化して不安定化していくと思うので。とはいえ、嫌われるのは私も嫌ですし、皆さんもそうでしょうから、そこのバランスが難しいなとは思いますよね……。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://hiraisoanime.blog.fc2.com/tb.php/985-4ebb4c52
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。