上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ワンピースで有名な尾田先生が「好きなことを仕事にした方が良いに決まっている」と漫画賞応募のページに書いたのが何かと話題になっているらしいですね。

私なんかは、好きなことを仕事にしたらいいじゃん、と思うたちなので(というか、逆が出来る気がしない)、「その通りだよ!」と思ったりするんですが。

反論している人の言い分としては、「尾田先生は成功者だからそんなことが言えるのさ」ってところみたいです。

確かに、世の中、成功できない人はたくさんいます。私だって、失敗する可能性は大いにあります。

でもですよ?

好きなことって何だろうということを考えると、少し考え方が変わると思うんですよね。

そもそも好きなこと=職業ではありません
既存の職業をベースに考えるから苦しくなるのです。

例えば「絵を描くことが好き」な人は、マンガ家しか職業が無いのでしょうか。
そんなことないですよね。確かにマンガ家になるには、狭い道を突破しないといけません。でも、マンガ家にならなくても「絵を描くことで人を喜ばせること」は可能です。リクエストを受けつけて描くとかできればそれはもう立派に社会貢献になっているのでお金の受け取りの有無は問わずに「仕事」になっています。そもそもリクエストをもらえる人はファンがいるので、有料になってもある程度リクエストをくれる人がいるんじゃないでしょうか。そうすればマンガ家にならなくても、イラストレーターで生計が立てられるようになるかもしれません(あるいは足しになるかもしれません)。他にも、同人誌を書く、自費出版をする、絵の描き方講座をやる、ハウツー本を出す、絵を描くソフトの解説etc。絵を描くことが出来て、社会貢献にもなることは考えれば実はたくさんあったりします。

求められるのは、「自分の好きなことの本質を見抜く力」と「サービス精神」と「少しの企業家精神」です。
(企業家精神が高い人はベンチャー企業とかやるんでしょうが、私には無理ですね)

もっと簡単に言えば、ポイントは「○○になりたい」ではなくて、「○○がしたい」です
既存のものに「なる」には確かに苦労が伴います。一方、「したい」なら多くの場合今すぐできます。

こういう風に考えると、尾田先生のコメントもスッと入ってくるんじゃないかなあと思います。もっともこのコメントは漫画賞応募のページ掲載なので、当然マンガ家目指している方向けなんでしょうけど。

ちなみに私は「○○がやりたいけどどうしたらいいだろう」とか言う人をサポートしたり、お手伝いするのが好きです。その一つのアプローチが電子書籍化代行だったり、レーベルだったりするんですが、形ありきで入ったことに少々反省があります(笑)まあ、せっかくなので残しながら、他のアプローチを考えます~。

こういう考え方は私がお世話になっている人から色濃く影響を受けているんですけどね。

では~。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://hiraisoanime.blog.fc2.com/tb.php/984-30752387
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。