2014.11.08 Joyが必要だ!
SMAPの曲に「JOY!!」という曲があります。

サビが

無駄なことを一緒にしようよ
忘れかけてた魔法とは
つまりJoy!! Joy!!
あの頃の僕らを
思い出せ出せ 勿体ぶんな
今すぐJoy!! Joy!!


の曲です。

特段SMAPのファンとかいうわけではないんですが、ノリがよくて、キャッチ―なのでよく覚えてます(サビだけ(苦笑))

でもこれってすごく大事なことだと思うんですよね。

何かするときには色々な動機がありますが、自発的にやるものの場合、それが楽しいからやるんですよね。そこに損得勘定とか余計な感情は無くて、楽しいからやるんだと思います。

例えばAKB48にハマっている人は、握手券や投票券目当てにCDを何枚も買ったりします。ファンでない立場から言えば、「無駄」つまり損な行為ですが、彼らにとってはそれが「楽しい」ので気にしません。また、AKBの総選挙があんなに盛り上がるのもそこに理由があるんだと思います。あれは「楽しい」んですよ。自分の推しメンの順位が上がったりすればとてもうれしいのでしょうし。あ、私は別に特別ファンではないので詳しくはよく分かりませんが。(逆に、本当の総選挙は「つまらない」ので投票率が上がらないんでしょう。残念ながら)

でも、世の中そんなものばかりではなくて、「めんどくさいよ~」というものも多いです。大多数の人にとっては勉強がその最たる例でしょうか。それでもやらないといけないというものなら、どうにかして「楽しく」するのが一つの手です。こういうのをゲーム化と言います。
(また、そこから派生したもので、マーケティングの分野で顧客に「楽しく」消費してもらう方法論をゲーミフィケーションと呼びます(逆に言うと、こういうのに知らず知らずのうちにはまっている可能性もあります)。)

根性論でいくのも一つの手ですが、根性論は長続きしません。嫌なものは嫌ですし。精神力があったり、真面目な人はそれである程度頑張れるのは確かなのですが、一線を越えると破綻してしまいます。それだったら「楽しく」した方がよくないですか?

でも、どうしても「楽しく」ならないものは、きっぱりやめた方がいいと思います。簡単にはいかないものもあるのでしょうが、どうしてもダメなものは切らないと、最終的に自分がダメになってしまいます。

一番簡単なゲーム化は「タイムトライアル」ですかね。制限時間を決めると不思議とやる気になったりしません?
まあ、私はのんびりやりたい人なのであまりやらないんですけど。

ともかく、「めんでくさいけどやらないとな~」みたいなものは、ゲーム化して「楽しく」したらどうでしょう。

子供は何でもゲーム化するんだそうです。
私も弟と家で野球をやっていました。近隣の人には迷惑だったでしょうが(笑)狭い部屋の中で、あそこにあったらヒット、あそこは2ベース、壁に当たったらホームランとか。野球は外でやるもんだという大人の常識は無視です。

そんな感じで、時には常識を無視して、ゲームのように人生を楽しみませんか!?
(でも人がつくったゲームのルールに何でもかんでも乗るのは、私は嫌いですw)

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://hiraisoanime.blog.fc2.com/tb.php/944-e8a0d3b1