なんだか、またどうでもいいような内容で申し訳ないのですが…。

皆さんは「エニアグラム」というものをご存知でしょうか?

エニアグラムというのは心理学の研究に基づいた性格診断で、形的には心理テストのように設問に答えるものです。
その後、私が知っているものだと性格が9タイプに分けられます。

普通の心理テストは信ぴょう性に疑問符が付くことも多いですが、これに関しては心理学という学術的な要素が濃いので比較的信用できます(まあ、どこまで信用可能なのかは私もよく分かりませんけれど)。

ちなみに、9タイプに性格が分かれると言っても、きっちり分かれるわけでは無くて、濃淡があると理解したほうがいいみたいです。「あなたが一番濃いタイプはこれですよ」と指摘される感じですね。他のタイプでも多かれ少なかれ当てはまる部分はありますよ、ってことですね。

こう話を振ると、私の性格を開示しないといけないようですね。
私はこんな感じです。2つあるのはどちらの特徴もあるからで、どちらも同程度に濃いんでしょう。

①タイプ6の「堅実家」
簡単に言ってしまうと、組織やルールに忠実で、責任をもってことに当たるタイプです。また、相手のことを思って行動することが多いです。そして、物事を慎重にこなします。されて嫌なのは、否定されることです。このタイプの短所は自分に自信が無く、劣等感が強いため、常に用心深く行動し、責任をとることはしたくないという点です。さらに、自分に自信が無いため人に依存的になりがちです。
②タイプ5の「研究者」
知識や情報を得るのが好きで、物事を分析しようとします。また、自分の理屈やペースがあり、それに沿って行動したがるので、それを邪魔されたり権力で抑圧されると反発します。大勢の人の前で何かをやるのは好きであはりません。短所としては、自分で納得しないと物事が始まらなかったり、完成しないので行動のスピードが遅いです。また、専門外だと思うと諦めるのが早いです。

こんな感じでしょうか。だいぶ要約してますけど。

大まかには当たってますよねえ。
責任感は強い方だと思いますが、精神的に参ってしまうのでそういうことはしたくないですし、他人に抑圧されると非常に不愉快です。あと、マイペースなので一般的にはのろまでしょう。でも納得するまでやることが多いので仕事は丁寧ですよ。劣等感があるためか、批判に弱いのもあります。すぐへこみますからね。それから、初めてのことは石橋を叩いて渡るタイプですね。

ってほぼ当たりじゃん!

てなわけで、興味があったら皆さんもやってみてはいかがでしょう。面白いと思います。

エニアグラム性格診断

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://hiraisoanime.blog.fc2.com/tb.php/925-a37b9504