昨日は気分が沈んでいる時ほど詩であったり文学であったり、音楽は力を持つなあと感じました。
テンションが高かったり、嬉しい時はあんまりそういうのに目が向かないというか、彼らの助けを借りなくてもいいんでしょうね。
逆に沈みがちの時にはそういうものの助けを借りてバランスをとると。
人間は上手く出来てますねえ。

ディーふらぐ!
#4 『あれは魔の十四楽団!!』


一番最初はなんだ(笑)
あれは別に胸の大きさ関係ない気がしますけどw
というか、高尾部長は事実上レギュラーなんですね。
序盤は名前決め会議とかやってたのでギャグまっしぐらかと思ったら案外そうでもありませんでした。
とはいえそこはやっぱりディーふらぐなのでコミカルな部分が多かったですけどね。

魔の十四楽団とかただの迷惑集団じゃねーか。
ゲーマーの集まりってことですね。
の割にけっこう不良っぽいこともしているというアンバランスさ(笑)
風間氏より全然不良じゃないっすか!
それにしても芦花作成のエロ本争奪ゲームがあんなに好評を博すとは(まあやってませんが)。

賢次の仲間2人はだいぶヤバい状況になってましたけど、大丈夫だったのかな……。
助けてもらえてなかったけど。


中二病でも恋がしたい!戀
Episode Ⅳ 『無垢なる・・・ 生徒会長選挙(クイーンメーカー)』


生徒会長選挙ってあんなに盛り上がるものでしたっけ?
まあ、権力があれば盛り上がるのかな……。
それはともかく、今回はモリサマが生徒会長選に立候補+凸守の豹変が見どころでしたね。
凸守は本当にモリサマを信頼いや、崇拝してるんですね。
ちょっと六花が不憫でしたが。まあ、勇太いるからいいだろう(笑)
確かに凸守はすごく純粋なキャラですよねえ。
純粋ゆえに突っ走ってしまうわけですが。

途中までは完璧な選挙戦だったんですがねえ。
凸守の暴走によってすべてが水の泡に~。
マビノギオンの朗読に加え、プロジェクター使用による丹生谷(モリサマバージョン)の投影といよいよ宗教の域に達しつつありましたからね。
あまりのひどさに爆笑してしまいました(笑)
ま、いつもな感じが2人にはお似合いでしょう。
さあ、牛乳を飲め!凸守!!

そして本当に一色はどこへ向かっているんだ……。


と、いうわけで今回の感想はこれでおしまいです。

では、またどこかで。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://hiraisoanime.blog.fc2.com/tb.php/813-015bc238