上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一応、今後どうしようか決めました!
決まると、一気に進むタイプなので、ある程度展望が見えた気がします。
モヤモヤするよりはいいですね。

いなり、こんこん、恋いろは。
第二話 『試練、ひめごと、天照。』


さすがにあれだけのことをすると、神様も怒られるようです。
でも天照大神があんななのは嫌だあ(笑)
ただのおばさんじゃないですか!
というかうか様は強制嫁入りが罰になるほど男性に関心が無いんですねw
いや、乙女ゲーをやっているから現実より二次元に見出しちゃったパターンですかね。

天照から1日変身禁止を命じられたいなりですが、数々の妨害工作が……。
神なのにそんなことでいいのか!?
まあ、最後はよかったね~という感じでしたが。
というか、高天原って電車みたいなものに乗ってくんですね。
終点が高天原ということは中間駅があるんでしょうか。
気になる!!(どうでもいいですね
本当に気になるのはこっちです。
なんでお兄ちゃんうか様見えちゃってるの!?


鬼灯の冷徹
第3話
Aパート 『白澤』
Bパート 『いかにして彼らの確執は生まれたか』


鬼灯の寝起きマジ恐い!(笑)
まあ、でも閻魔大王は確かにうざいですけどね。
カブトムシ、クワガタとかで起こされても……。
そして桃太郎は桃源郷に行ってたんですね。
っていうか桃源郷は日中の貿易で栄えてるのかよ。
まあ、昔で言うと西域みたいなものですかね。あれは中国と西アジアの交易ですが。

で、桃源郷の白澤(「しろさわ」ではなく「はくたく」)と鬼灯はものすごく仲が悪い。
きっかけはなんかオリンピックみたいなものの時だったらしいです。
っていうか聖徳太子vs諸葛孔明とかめっちゃ見たいんですけど!w
聖徳太子は実在しなかったという説もありますけどね(厩戸皇子はいたはずですが功績は混ぜ合わせ)。
小野小町と楊貴妃が一堂に会していたとか。世界3大美女(日本版)のうち2人そろうとはなんとまあ。
でも小野小町はたぶん今の価値観だと美女にはなれないでしょうね……。
白澤と鬼灯の仲違いのきっかけは下らなかったですね~。閻魔の言うように波長が似てるんでしょう。磁石の同じ極同士が反発しあうのと同じようなもんですよね。


ウィッチクラフトワークス
第3話 『多華宮君とクロノワールの罠』


なんか多華宮くんと火々里さんは契約をしているらしいですねえ。
ダメージ転移とはすごい。だから多華宮くんにあちこち動くなと言ってたわけですね。
多華宮くんがダメージを負わなければ火々里さんは無敵ですからね。
しかし、クロノワールが残した飴的なものはなんなんでしょう。
多分飲んだら大変なことになるでしょうねえ。

さて、多華宮くんは魔法も使えるようにならないといけないのであれこれやるわけですが。
どうもあのローブが魔法を使えるようにするカギのようです。
ということは一般人でもローブさえ手に入れられればイケる!?
ほうきで飛べたら楽だろうなあ。
最後のやつは大丈夫なんですかね……。
あれ多分一般人だと思うんですが(汗)


と、いうわけで今回の感想はこれでおしまいです。

では、またどこかで。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://hiraisoanime.blog.fc2.com/tb.php/809-0447dcfa
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。