2014.01.04 GT6・7
いよいよ冬アニメが始まりますね~。
まったく秋アニメが進んでませんが……。

そろそろブログのデザインを変えようかな、とか思っています。
カテゴリーを一番上に持ってきて……とか。
でも、PC版でしか変えられないのが難点ですね。ガラケーやスマホは変換されてしまうので。PCでアレンジしても、それがパーになってしまうのは何とも。でも、変換なしも見づらいので難しいところです。

ゴールデンタイム
第6話 『イエス・ノー』


おー、話が核心に迫ってきた!という感じですね。
竹宮先生の書くお話はいつも重いですね(笑)
リアルと言えばリアルなのかなあ、と思いますが。
それにしても色んな人が辛い回でした。
いつの間にレギュラー化していた二次元くんが救いだよ!w

えーと、まず柳澤氏が岡さんにふられる。
「バカじゃない」とか言われてましたからね(笑)
まあ、飲み会で告白する奴がおるか!ってことでしょうが。
で、香子が万里にもう友達ではいられない、と言われる。
告白してふられて友達ってのは難しいでしょうね。告白はかなりリスキーです。
さらにさらに、万里がリンダ先輩に知らないふりが出来るのはおかしいと急にキレる。
いきなりキレなくてもさ……。そりゃ、泣いちゃうよね。
でもでも、最後に香子が万里に告白!
と、なんか怒涛の回でした。


第7話 『マスカレード』

えー、なんやかんやでお二人はリア充になったようです(笑)
でも、香子は恐いなあ。発想がストーカーだよ!
あんな言い方だと、私引いちゃいますよ。別に私が引いてどうこうなる問題ではありませんが。
ここまでで前話で起きた3つの問題のうち、1つは解決。
問題はあと2つ!

NANA先輩がまさかの活躍w
メイクが濃いの少しは自覚したほうが……。
とりあえず、リンダ先輩と万里でお話。
まあ、ああいうシチュエーションになってしまうとあれこれ後悔してしまいますよね。
何か違っていたら運命は変わっていたのではないか、と思ってしまうことは多いですから。逆もまたしかりですが。
これで2つ目も解決。
ラスト1つは解決するのか!?


と、いうわけで今回の感想はこれでおしまいです。

では、またどこかで。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://hiraisoanime.blog.fc2.com/tb.php/785-c543a58f