朝早い更新になってしまいました…。
いや、今日は1限始まりなもので、早く起きないとまずいんですよね。
学校まで片道約2時間かかりますし。
ってなわけで早い更新になってしまいましたが、感想どうぞ!

のんのんびより
第11話 『かまくらをつくった』


帰れなくて学校に泊まるとかワクワクじゃあ、ないですか!!
一度はやってみたかった……。
まあ、高校の時に部活の合宿で学校に1泊(あれ、2泊?)かなんかしましたが、あれはなんか違う。
しかも雪とか!
ほたるんははしゃいでましたねえ。私も雪はほとんど降らない(降っても年に2回ぐらいの)地域に住んでるので、雪が降るとテンションが上がります。
交通機関が動かなくなるので、学校があると萎えますが(笑)
そりゃあね、宇宙人と交信もしますよ。
ちなみに一番爆笑したのは、先生を逆向きのまま寝袋に押し込んだシーンでした。自業自得だな。
というか、保健室の布団2つあるのに何で1つしか持ってこないんだろう、と思っていたら兄ちゃんが1つ使ってたんですね。あ、なるほど!とか呟いてしまいました。争いも無く布団ゲット!でも夜の保健室で1人はちょっと怖いなあ。

再びの大雪で今度は雪を使った遊びに。
駄菓子屋出た~(笑)
後半すっかりレギュラーに。駄菓子屋のみならずあの一帯の便利屋になってますね、あの店。
夏海まさかの知ったかぶりスキーレクチャー。
しかも言うほど間違ってはいないという。私もスキーしたことないのでよく分かりませんが。
お次はタイトルにもなっているかまくら。
いやー、一回は作ってみたいです。
ほたるん、テンションがおかしいよw


ぎんぎつね
第4話 『悟とハル』


うーん、銀太郎の言うとおりなかなか面倒な展開になりましたねえ。
何せ悟はしゃべらない!
ハルは付いてきただけのくせに生意気。
うわー!
私が苦手なタイプ×2です。
まあ、生い立ちに色々あるようですので、今後理解できるようなればと思いますが。

「夏目友人帳」の夏目なんかもそうですが、親戚というのは厄介ですね。
血はどこかでつながっているけれど、情が無いので、どうしても疎外された存在になってしまいます。
「今の保護者は私なんだから」というセリフの、「保護者」は「支配者」の言い間違いでは?(笑)
実の子どもの方もまあ、なかなかダメな性格にお育ちになってしまったようで。
あの親にこの子ありですかね。


と、いうわけで今回の感想はこれでおしまいです。

では、またどこかで。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://hiraisoanime.blog.fc2.com/tb.php/770-2446be36