のうコメを1話分は見たのですが、1話では記事にしないと勝手に決めているので、今回は過去アニメでお茶を濁します(笑)

ローゼンメイデン
第3話 『水銀燈』(Mercury Lampe/マーキュリー・ランぺ)


【あらすじ】
戦いに勝利した真紅は、雛苺を破壊せず自分の配下に置くことを決めるのだった。
雛苺を加え以前にも増して騒々しくなる桜田家。
そんな中でも憮然とした表情を崩さないジュンに、雛苺はお願いをする。
最初は取り合わなかったジュンも、真紅から離れることのできなくなった雛苺の境遇を知り、雛苺の求める物を探しに家から出る。
(公式サイトより)

【感想】
・ジュン恐いよ~。まあ、根はいい子なんですけどねえ。外に出るのが恐いのにイチゴ大福買いに行ってあげたりね。よく頑張った!

・水銀燈キター!別に水銀党員ではありませんが(笑)悪役オーラがバンバン出ている!!

・雛苺は本当純真無垢って感じですね。単純ですけど、それもまた良さなのかな。

雛苺とジュン
<今回のひとこと>
雛苺「とっても甘いの。ヒナ、これがいいの。食べたいの。白くて甘くてうにゅーっとしてて、黒くて赤いの」
こりゃ、分からんな……(笑)
見ていた時も、うーん?という感じになりました。
白赤黒の3色がある食べ物早々ないですからね。
語彙不足とは恐ろしい。
ジュンよく分かったなあ。


と、いうわけで今回の感想はこれでおしまいです。

では、またどこかで。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://hiraisoanime.blog.fc2.com/tb.php/764-de2afd91