最近ローゼンメイデンの旧シリーズをレンタルして見ています。
まだ1期ですが、監督の意図的なものなのか、当時(2004年)の技術水準なのか、やっぱり絵のタッチが今とは違いますねえ。
作画が違うのは会社が違うので当たり前ですが。

やはり、3期とは違ってかなりコミカルなシーンが多いですね。
あと、雛苺の出番が多い(笑)
3期ほとんど出ませんでしたからね~。
今更はまってしまいそうです。マンガ欲しいよ~。

キルラキル
第三話 『純潔』


神衣の正体がだんだんわかってきましたねえ。
生命繊維だから「繊維喪失」なんですね。
まさに一心同体の代物のようです。
しかし、血が吸われるのはちょっと嫌だなあ。

なんか変身(?)シーンがキューティーハニーとかセーラームーン的ですよね。
ちょっとエロいです。
でも、よくあるような雰囲気ではなく、大人な作品の雰囲気が出てますよね。
何が違うのか説明しろと言われても難しいんですが。


<物語>シリーズセカンドシーズン
総集編Ⅲ
「化物語」
つばさキャット
「偽物語」
かれんビー
つきひフェニックス


感想か…。一回見てますからねえ。
懐かしい言えばそうですが。
まあ、セカンドシーズンの伏線になっている部分もあるので「そういやそうだった」と思うところもありますが。
というか、かれんビーの怪異ってなんでしたかね。
催眠みたいなものでしたっけ?
感染症ってキスしても減らないですけど、ふつう。
もう記憶が……。


と、いうわけで今回の感想はこれでおしまいです。

では、またどこかで。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://hiraisoanime.blog.fc2.com/tb.php/751-8b59a25e