今回は這いよれ!ニャル子さんWの第12話『さようならニャル子さんW』の感想です。
這いよれ!ニャル子さんWはこの回で最終回です。

【あらすじ】
惑星保護機構の上司から、幻夢境で新たな蕃神が完成したという報告を受ける。同時に、地球での任務終了が告げられた。それは、真尋とお別れという意味で――。落ち込むニャル子に、とにかくこの目で蕃神を確認しようと、幻夢境に向かうことにするが......。正真正銘のクライマックス! 果たして、ニャル子と真尋の運命は!?
(公式サイトより)

【感想】
・まあ、この作品らしい終わり方でしたかね。Aパートはシリアスでしたけどねえ。

・あんなでかいのに求愛されても困りますよね(笑)同じようなシステムなのにレールガンとのテンションの違いは一体何なのか!?

・2期はあれですね。真尋のデレ具合を見るのが目的みたいなものでしたね(笑)丸く収まってよかったね、という感じです。

這いよれ!ニャル子さんW12話
<今回のひとこと>
モーデンス「しかし、この御仁。よく見ると、BL映えしそうな顔をしておりますなあ」
どんな顔だ(笑)
中性的みたいな?


と、いうわけで今回の感想はこれでおしまいです。

では、またどこかで。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://hiraisoanime.blog.fc2.com/tb.php/704-0091bcde