上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回は這いよれ!ニャル子さんWの第9話『ハイスクール・オブ・ザ・ヒート』の感想です。

なんだか、気づいたらとんでもなく放置状態になっておりました…。gdgdですね、ホント。

【あらすじ】
「八坂家よ、私は帰ってきた!」クー子の従姉妹・クー音は、今まで放って置かれてかなり怒っているようだ。真尋たちが登校すると、校舎は異様なオーラに包まれ、クラスメイトは集団催眠にかかり、人型をした炎が攻撃を仕掛けてきて......。このままじゃ地球が地球が大ピンチ! これはクー音の仕業なのか、それとも......?
(公式サイトより)

【感想】
・なんかよく分からない話でしたね(笑)相変わらずのシリアスと見せかけてのギャグ展開でした。クー音さんの出オチ感が半端なかったです。

・勝負がゲームっていうのがなんかひどいですね。いや、まあ、非暴力的手段なんで結構なことと言えばそうなんでしょうけど。でもなあ……。

・催眠にかかった時のゲームレベルが微妙に低い(笑)最終的にパーティの時にやるゲームレベルでしたね。まあ、制服でやるゲームじゃないですよね。うん。

這いよれ!ニャル子さんW9話
<今回のひとこと>
真尋「そう、僕はこれを信じていたんだ。都合のいい、伏線の回収を!」
何たるメタ発言!
しかも、主人公が…。
それにしても都合よすぎやしませんか!?


と、いうわけで今回の感想はこれでおしまいです。

では、またどこかで。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://hiraisoanime.blog.fc2.com/tb.php/692-1ee6ff42
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。