上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回は這いよれ!ニャル子さんWの第7話『プールサイド、血に染めて』の感想です。

【あらすじ】
真尋の母・頼子が福引でゲットしたチケットで、プールに遊びに来た真尋たち。ニャル子は、セクシーでコマンドーなすごい水着で真尋を誘惑したり、屋内プールなのにサンオイルを塗って欲しいと真尋を誘惑したり。施設内のたこ焼き屋でアルバイトしていた珠緒は、思い悩む様子のルーヒーの相談に乗ってあげようとする......
(公式サイトより)

【感想】
・また、都合よくほぼ全キャラ登場(笑)まあ、いいんですけどね。余市くんはなんかキャラおかしくなってません? 今回ホイッスルしか吹いてませんでしたが。羽多野さんに何が!

・いつの間にクー音は時をかける少女になったんですか。ちなみにアニメ版ではなく実写版の設定ですね。

・まさかのハス太×ルーヒーさんルート! んなアホな。

・あの2人が喧嘩するとロクなことになりませんね。プールの水が蒸発するってどんだけだよ。

這いよれ!ニャル子さんW7話
<今回のひとこと>
ニャル子「昨日はあんなに一緒だったのに、夕暮れはもう違う色ですか!」
もう、ガンダムに駆逐されてしまえばいいよ(笑)
See-Sawの曲、そのまんまじゃねーか。
というか、石川さんと梶浦さんが一緒のグループだなんて、今考えるとえらい豪華なグループですね、See-Saw。


と、いうわけで今回の感想はこれでおしまいです。

では、またどこかで。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://hiraisoanime.blog.fc2.com/tb.php/679-36bb07ca
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。