今回はゆゆ式の第6話『初雪なべ』の感想です。

【あらすじ】
冬になり寒くなってきたある日、3人は部室で鍋がしたいと話していた。そこにやってきた頼子に部室での鍋を却下されたが、家なら構わないということで頼子の家で鍋をすることになる。
(公式サイトより)

【感想】
・何とも季節はずれなお話で。1話ごとの季節が進むスピードが尋常じゃないです。

・先生の家に生徒あげちゃダメでしょうに。まあ、お母さんだからいいか(笑)

・ポテトにはまりすぎですね。ただのじゃがいものはずなんですが。確かに病人がもだえ苦しんでいるようにしか見えなかったですね。

・こ、これは相川さんの取り合いか?百合式か?

ゆゆ式6話
<今回のひとこと>
唯「お前誰だよ」
ゆずこ「野々原ですけど?」

顔がひどい!
ほんとに誰だよ!
まあ、ここは大久保さんの演技にあっぱれと言ったところでしょうか。


と、いうわけで今回の感想はこれでおしまいです。

では、またどこかで。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://hiraisoanime.blog.fc2.com/tb.php/666-8832cec8