今回は君と僕。の全体感想です。
君と僕。 1【完全生産限定版】 [DVD]

【感想】
うーん……個人的には見るのがだんだんしんどくなるタイプのアニメでした。
ということで、実は最後まで見ておりません。(10話まで見ました)

まずですね、私は日常アニメ(『日常』って意味じゃないですよ)は好きなんです。ただ、これはストーリーに締まりがないように感じました。日常アニメとはいえ、話がきちんと締まらない、つまり面白くないとだめだと思うのです。

確かに、浅羽兄弟なんかはとても面白いキャラクターをしていると思います。あのちょっと脱力している感じは好きです。それに茉咲の恋愛話も面白かったです。しかし、最後のオチがいまいちです。いや、ストーリーはまあいいです。

決定的だったのは私が最後まで千鶴に共感できなかったことです。見ていて、言葉は悪いですがイライラしてしまいました(逆にいえばそういう演技をした入野さんは上手なんでしょうけど)。
それから、要に対するフォローがなさすぎです。そういう場面がなかったとは言いませんが、あまりにもかわいそうでした(特に文化祭あたりの話ですが)。彼はよく頑張ってましたよ。

まとめると、私はこの作品とは相性が悪かったようです。おそらく作者が期待する見方をしていなかったんだと思います。こうなると、どうにもなりません。

今までで一番印象の悪い感想を書いてますが、この作品を中傷したりする意図はありません。この作品が好きな人は嫌な思いをされるかもしれませんが、こういう感想を持つ人もいるんだあ、と流してやって下さい。
と、いうことで今回の感想はこれでおしまいです。

次回は夏目友人帳の感想を書く予定です。

では、またどこかで。

お知らせ
ブロともに「GenによるGenのブログ」を追加いたしましたので、そちらのブログもご覧になってみてください。よろしくお願いします。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://hiraisoanime.blog.fc2.com/tb.php/66-ad3db3f8