今回は這いよれ!ニャル子さんWの第2話『セラエノ図書館戦争』の感想です。

【あらすじ】
宇宙一の蔵書を誇るプレアデス星団のセラエノ図書館。イベントで手売りされる「ウ=ス異本」まで取り揃えてあるとか。ニャル子が借りたままだった本の返却に、なぜか真尋まで付き合わされることに。この図書館で働いていたハス太は、真尋にいいところを見せようと張り切って案内するが、その途中、2人組の邪神が忍び込んだ場面に遭遇する......
(公式サイトより)

【感想】
・この時期にこのネタですか……。危険すぎる!

・さすがに年齢は真尋とはいえ聞かせてもらえませんでしたね。まあ、宇宙人なんでだいぶいっちゃ(ry

・青春の後ろ姿はみんな忘れてしまいますね。ええ。なんでユーミン(笑)というか、邪神様のメモ帳がありましたよ。きっとニートな邪神が事件を起こすんでしょう。ラーメン屋の上で。

ニャル子さん2話
<今回のひとこと>
教官「どんな状況でも冷静さを忘れるな!」
隊員「了解です!教官!」

おいおい(バシッ
もうまんまじゃねーか!
D教官とKさんでしょ。
誰か前野さんと井上さんを召喚しろっ。


と、いうわけで今回の感想はこれでおしまいです。

では、またどこかで。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://hiraisoanime.blog.fc2.com/tb.php/645-edecaf3b