上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回はリトルバスターズ!の第26話『最高の仲間たち』の感想です。
この回でリトルバスターズ!は最終回です。

【あらすじ】
初試合の前日、恭介はリトルバスターズのリーダーを降り、理樹に全てを任せると言い出す。
だが、突然のリーダー就任に戸惑う理樹にはチームをまとめるのは困難だった。
「恭介の後についていくと、いつも楽しいことが待っていた」と、理樹は幼い頃のことを思い返す。
そして、ずっと恭介の背中に守られてきた自分にはリーダーは務まらないのではないかと思い悩むのだった。
恭介は「いつまでも俺を頼っちゃいけないんだ」と理樹を励ますのだが……。
(公式サイトより)

【感想】
・長丁場の戦いが終わりました~(笑)リトバスも最終回で、冬アニメの感想も事実上終わりです。全体感想がまだ残っていますが。26話はなかなか辛いです。

・恭介は保護者ですね。理樹を育てています。まあ、頼りっぱなしではいけませんよね。頼られる存在になりたいものです。

・野球は超人が何人かいるので、いい勝負してましたね(笑)鈴はやはり野球のクラブチームにでも入った方が……。そして謙吾が壊れた!!

リトバス26話
<今回のひとこと>
クド「理樹はみんなを助けます。だから、みんなが理樹を支えます。理樹はそんな優しいリーダーさんなのです」
来ヶ谷「そうだ。その優しさが君の強さだ。少年は何も気づいていないのだな。君の優しさが、みんなを一つにしてきたんだ。そのままの君をみんなが信頼しているということだ」

リーダーというのは、ただ声が大きく、行動力があればいいということではありません。
やはり、みんなに信頼してもらえなければ、リーダーたる資格が無いのです。
信頼が無いということは、その人が困っていても誰も助けてはくれないでしょう。
もちろん行動力があるリーダーもいます。しかし、また一方で、行動力は高くなくても、チームプレーを上手く回すことができる人物もいるはずです。
そして、その両者に共通するのは「信頼してもらえるか」なのだと思います。
リーダーにはならずとも、信頼される人間でいたいものです。


と、いうわけで今回の感想はこれでおしまいです。

では、またどこかで。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://hiraisoanime.blog.fc2.com/tb.php/642-368c7e69
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。