上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回は俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎるの第13話『新しい世界への修羅場』の感想です。
俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎるはこの回で最終回です。

【あらすじ】
ついに開幕した「ミス・俺デレコンテスト」
千和・姫香・愛衣はそれぞれ、鋭太への想いを懸命に伝える。
そして迎えた真涼のアピールタイム。
ステージに立った真涼は、「自分はコンテストに参加する資格がない」と語りはじめる―――
(公式サイトより)

【感想】
・えー、あー、うん。まあ、何というか、収拾がもうつかねーよ!って感じです。こうなってくると、「ハーレムをつくる!」と言っている某生徒会さんのほうがまだ良さげですね(笑)

・なんだか見てるこっちが恥ずかしいシーンが多かったですねえ。でもリアリティに欠きすぎな気がしないでもないです。

・とりあえずラノベ原作のラブコメは小休止しようかなあ、という感じがしました。個人的に新しい基軸が出てこないとこのジャンルは辛いかも分かりません。好きな人は別ですが。

俺修羅13話
<今回のひとこと>
愛衣「愛衣ちゃんお外走ってくるね!」
あー、行ってしまった(笑)
何回お外走ったんでしょうかね。
まあ、でも彼女はここが面白いんですけどね。


と、いうわけで今回の感想はこれでおしまいです。

では、またどこかで。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://hiraisoanime.blog.fc2.com/tb.php/633-d5b5e5fb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。