上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回はみなみけ ただいまの第13話『ここだけの話はここだけで』の感想です。
みなみけ ただいまはこの回で最終回です。

【あらすじ】
マコトと内田は、保健の熊田先生が花粉症で鼻水と涙に悩まされていると聞く。
鼻がムズムズするマコトと、涙が止まらない内田は、自分たちも花粉症なのではと考える。
でもそこにやってきたチアキは、「自分は花粉症じゃない別のアレルギーに苦しんでいる」と言う。
チアキをアレルギーから助けようと、2人はその原因を探しに南家に行く。
(公式サイトより)

【感想】
・面白かったですねえ、最後まで。最後はちょっとほっこりとという感じでしたが。てか、どんだけ花見がしたかったんだ(笑)

・私はホコリ系のアレルギーは持っていますが、花粉症ではないのでこの時期は多くの方に比べると楽です。まあ、秋頃に謎のアレルギー症状に襲われることはありますが。あれもきっと何かの花粉なんでしょうねえ。でも、そろそろ花粉症も潮時ですかね?

・藤岡……最後まで不憫でしたね。いや、ある意味すごいですけど。

みなみけ13話
<今回のひとこと>
マコト「家に帰ると症状が出るということは、アレルギーを引き起こす原因、ちゅまり、アレルゲンは家の中にあるはずだ」
内田(鼻をほじりながら真剣な話をされてもなあ……)

鼻をほじるな、鼻を(笑)
だいたい鼻がむずむずして、鼻ほじったら余計むずむずしてしまう気が…。
マコトはいいキャラしてますよ、ほんと。


と、いうわけで今回の感想はこれでおしまいです。

では、またどこかで。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://hiraisoanime.blog.fc2.com/tb.php/632-7a5d8aff
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。