今回はたまこまーけっとの全体感想です。
たまこまーけっとキー

1.スタッフさんありがとうございます
この作品は、監督・総作画監督/キャラクターデザイン・脚本を筆頭に主要な制作陣が「けいおん!」シリーズと同じスタッフさんだったので、色々な意味で期待されていました。ということは、裏返せば制作側はかなりプレッシャーがあったと思いますが、この期待には答えられたのではないかと思います!

けいおん!と同じく日常のちょっとした話やキャラクターの機微、女子トークなどは上手く表現できていたと思いますし、けいおん!では無かった恋愛面(みどりちゃんは結局どう言ったらいいのかよく分かりませんが)も日常に上手くなじませることが出来ていたと思います。

こういう点を踏まえまして、1視聴者として楽しませていただきました。ありがとうございます。

2.デラの役回り
この作品最大の特徴は鳥がしゃべることです(笑)普通なら「え!」という感じの展開ですが、この世界ではたいした抵抗も無く平然と受け入れてましたね。日常アニメならではかと思います。

しかし、デラがいなければこの作品は成立しません!
デラの基本的なポジションは視聴者をたまこたちの世界からちょっと上に引き上げて、俯瞰させてくれることです。いわゆる狂言回しというポジションですね。

たまこたちの人間関係は私たちが見る前から存在しています。そこにポンと私たちは放り込まれるわけですが、何も助けが無いと見方が難しいというか多様になりすぎてしまいます。ここにデラという作中世界では新参のキャラが入ることで私たちの代わりに見方を提供してくれていたと思います。

3.商店街とはかくも斬新な
商店街と聞くと、「寂れてる」「シャッター街」のようにマイナスの言葉を連想してしまいますが、まだ日本にはこういう地域共同体が軸になっている商店街があるんだなあ、と思いました。

この作品やモデルの出町桝形商店街さんにたくさん人が集まるのは、新鮮でありながら、どこか私たちの心の琴線に触れるもの、簡単に言えば「古き良き日本」のようなものがそこにあるからだと思います。『always 3丁目の夕日』という映画がヒットしましたが、それと似たものがあったんじゃないでしょうか。

こう考えると、未来に目を向けるのもいいですが、いいところは過去にさかのぼってみるのもテーマとしてはいいんだと思います。歴史ものとは別の意味で。

4.総評
前述していますが、親子愛だったり、姉妹愛だったり、近所づきあいだったり、親友だったり、幼なじみだったりと色々な人間関係がいい意味で渦巻いていて、とても話に厚みがありました

アニメでホームドラマをやると、こう言う風になるんだなあ、という発見もしました。
こういう作品がまた見てみたいです!

Everybody loves somebody!!

と、いうわけで今回の感想はこれでおしまいです。

では、またどこかで。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://hiraisoanime.blog.fc2.com/tb.php/624-d05ccd85