上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回はリトルバスターズ!の第23話『あなたの大切なもののために』の感想です。

【あらすじ】
クドの母国テヴアのニュースに耳をそばだてるのが理樹たちの日課になっていた。
だが、聞こえてくるのは悪いニュースばかり。
テヴアの空と海は変わらずに美しいのに、地上では悲惨な光景が繰り広げられていた。
理樹はクドに間違った選択をさせてしまったのではないかと後悔する。
クドが大事にしていたロケットの部品をお守り代わりに願いをかける理樹。
理樹の想いは、そしてクドの想いは遠い空を越えて届くのだろうか。
(公式サイトより)

【感想】
・ちょっとスリリングな展開もありましたねえ。まあ、謎の超常現象でくぐり抜けましたが。ああいう場合、反政府勢力は殺すか人質にするかってところだと思いますが、いったいどうするつもりだったのか。しかも見張りいなくなっちゃうというね(笑)戦場のアニメではないので良しとしますか。

・全体的に言えば、うまくまとめていたと思いますが、クドとリトルバスターズの面々というストーリーにどちらかと言えばウェイトがおかれていて、クド×母親の話がやや薄かったように思います。まあ、でも限られた尺があることを考えると、制作サイドの判断は責められないとは思います。

・クドの野球センスはすごいですね(笑)私なんかよりは全然クドのほうがうまいです。

リトルバスターズ!23話
<今回のひとこと>
佳奈多「Ни пука, ни перо.(ニ・プーカ ニ・ペーラ)『毛も無く、羽も無く。羽をむしられて、身一つで地獄へ行け』という意味よ」
ほう、ロシア語は面白い言い方をしますね。
ただ、色々調べると実際には作中で言っている解釈ではないようで、元は猟師に向けて「いっぱい獲物が捕れますように=幸運を祈る!」という意味でつかわれていたようです。
これは中でも言っていましたが、ロシアでは直に願い事を言うと叶わないという迷信があるようで、逆をあえて言うようです。
つまり、
「毛も無く、羽も無いといいね
=獣や鳥が捕れなければいいのに
=獣や鳥がたくさん捕れますように
=幸運を祈る!」
ですね。
以上、ロシア語の時間でございました。

≪参考サイト≫
-"リトルバスターズ!"作中のロシア語-
リトルバスターズ!(まとめ)@ ウィキ

と、いうわけで今回の感想はこれでおしまいです。

では、またどこかで。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://hiraisoanime.blog.fc2.com/tb.php/623-2a9c0797
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。