今回はみなみけ ただいまの第11話『聖なる夜、神は舞い降りる』の感想です。

【あらすじ】
新しいコートを買ってうれしそうなマキから「どう?」と聞かれて、アツコは似合っていると褒める。
マキは質問の意図がわかりやすいなと思うアツコだが、その後、購買部で速水から「味の薄いミルクココアとクリームを入れすぎたコーヒー、どっちがいいと思う?」と質問されて、意図が読みれず、どう返事をするか悩んでしまう。
(公式サイトより)

【感想】
・保坂は気づかぬうちに速水のいい道具にされていますが、今回ばかりは保坂の妄想力が勝ったようですね。保坂最強!

・4期はハルカが基本優しいですが(3期までは鉄拳制裁的なものが散見されます)、今回は陰湿な感じで攻めてましたね(笑)まあ、カナにはいい薬かもしれませんが。

・ついにEDまで保坂がジャックですか。こりゃCD発売も近いな! ね!

みなみけ11話
<今回のひとこと>
今回はあえてナツキのセリフだけ抜粋してお送りいたします。
「ん、ああ、もちろん見たぞ。きれいだった。まさに純白だった。あいてたからすぐ目に入った。……興奮した。ふわふわで柔らかそうで、飛び込んだら気持ちいいだろうな。危なかった。俺ももう少し若かったら飛び込んで埋もれていた。それにしてもやっぱり惜しいな。もう少しあれば良かったのにな」
え、悪意なんてありませんよ。
ほんとですよ。


と、いうわけで今回の感想はこれでおしまいです。

では、またどこかで。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://hiraisoanime.blog.fc2.com/tb.php/612-971da7dd