上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回はリトルバスターズ!の第19話『きっと、ずっと、がんばるのです』の感想です。

【あらすじ】
“クド”こと能美クドリャフカは退屈な授業でも熱心に聴いているマジメな子。
だが、クォーターなのに英語の発音は苦手で、授業で当てられて恥をかいてしまう。
「わふ~……」と悲しげにため息をつく彼女のために、
リトルバスターズのメンバーみんなで勉強を教え合って実力テストを受けることに。
勉強では苦戦するクドだったが、話せば話すほど意外な素顔が明らかになる。
テスト当日、実力を出し切って赤点を回避することはできるのだろうか……?
(公式サイトより)

【感想】
・マークシートは確かにちょっと面倒なんですよねえ。センター試験では気苦労しましたよ。あれは問題を解くうんぬんではない練習がいるんですよね。

・実際に、テスト本番になると緊張して頭が真っ白になってしまう人はいるそうです。精神的なものなので、少し治療が必要だと聞いたことがあります。学校側も配慮すべきですし、われわれも普通が当然と思ってはいけないのかもしれません。怠けと病気は区別がつかない場合がありますからね。

・それにしてもこの作品はクラスメイトやその他生徒に嫌なやつが多いですね。どうにかならんのですか。

リトルバスターズ!19話
<今回のひとこと>
クド「わたしの暇つぶしなんです。資格試験参考書の流し読み。知識を増やしていく趣味のようなものでしょうか」
(クド=クドリャフカの略です)
なかなか素晴らしい趣味だと思います。
知識は無いよりはあったほうがいいですからね。
無駄だなと思ったことも、ふとした時に役立ったりしますから。
私も少し、理数系の勉強しないとですねえ。


と、いうわけで今回の感想はこれでおしまいです。

では、またどこかで
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://hiraisoanime.blog.fc2.com/tb.php/611-82c09299
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。