上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回は生徒会の一存 Lv.2の第9話『終わらない生徒会』の感想です。
生徒会の一存 Lv.2はこの回で最終回です。

【あらすじ】
卒業式前日、いつも通りくだらない会議が行われる生徒会。しかし、一人残される杉崎はやはり浮かない顔で...。
そして、卒業式を迎え...ない!終わらない!...じゃあどうやって締めるかって?こういう時は原作のこの言葉が一番ぴったりなのです。
――私立碧陽学園生徒会室。そこではこれからも、つまらない人間達が楽しい会話を繰り広げていく――
に、逃げたわけじゃないからね!
(公式サイトより)

【感想】
・まあ、らしい終わり方だったんではないでしょうか。1期に比べてシリアス展開に突っ込み切れていない印象はありましたが、ギャグは良かったと思います。

・式の前日に送辞と答辞を考えるって大丈夫なのか(笑)しかもよく決まらぬまま話終わっちゃいましたけど。

・ほぼ全キャラ出しましたね。無理に出さなくても、という感じはありますが、エリスは相変わらずでしたね。

生徒会の一存9話
<今回のひとこと>
鍵「今日が終わる前に」
さて、杉崎は生徒会の面々に何を言ったのか。
答えはご覧になってください~(もう見た方はご存知かと思いますが)。


と、いうわけで今回の感想はこれでおしまいです。

では、またどこかで。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://hiraisoanime.blog.fc2.com/tb.php/607-a0b007df
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。