上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回はさくら荘のペットな彼女の第18話『宇宙人に初恋』の感想です。

【あらすじ】
和希とのタイトル審査会へ向けての打ち合わせを終えた空太。
その後、七海と優子の合格発表を見に行こうとすると、今後のプランに関わるとましろもついてくることに。
2人の仲の良さにむっとするましろをよそに学校に着くと、仁が受験の報告で来ていることを知る。
仁と美咲がすれ違ったまま卒業して欲しくないという思いから、2人を引き合わせるべくそれぞれのもとに走る!
(公式サイトより)

【感想】
・また、いったいいつの青春ドラマだ、っていう展開ですね。あまり好きな展開では無いです。暴力反対!

・これは私のあくまで個人的な考えですが、他人同士のあれこれに第三者は口をはさむべきではないと思います。敵になろうが味方になろうが、迷惑です。中には口をはさんだ方がいいケースもあるんでしょうが、それは例外的です。当人同士で解決しなければいけない問題に、いいやつ気取りで介入されても困ります。もちろん頼まれたりすれば別ですが。まあ、この場合は仁がそれでいいと思っているようなので、いいんですけどね。うーん、私ってやっぱりちょっと性格ひねくれてますかね?

・最後に不穏なセリフが。どうなることやら。

さくら荘のペットな彼女18話
<今回のひとこと>
風香「仁にとって、わたしは代用品でしかないのね。美咲を傷つけるのが恐いから、ずっときれいなままでそばに置いておきたいから、だから泣くのはわたしなんでしょ?」
このセリフで、仁と美咲と風香(美咲姉)の関係性が表されていて、ズバリという感じです。
※再登場のシーンです。以前にも1度出てたと思います。

と、いうわけで今回の感想はこれでおしまいです。

では、またどこかで。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://hiraisoanime.blog.fc2.com/tb.php/605-6b7e91bf
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。