今回はみなみけ ただいまの第7話『残暑お見舞い申し上げます』の感想です。

【あらすじ】
内田、吉野、トウマが南家に泊まりに来た。
でも暑くてなかなか寝付けない内田に対して、カナは涼しくするために怪談をしようと提案する。
チアキは「馬鹿馬鹿しい」と眠ろうとするが、カナに「怖いんだろ」とからかわれて、一緒に怪談をすることに。
寝ぼけているハルカも参加して、恐怖の怪談話大会が始まった。
(公式サイトより)

【感想】
・夏を堪能どころが、こっちは真冬に襲われている! と、いう感じですね。まあ、季節感の無さはいたしかたないですが。旅行ではなくても、お泊り会ののような普段とは違う環境に行くとわくわくしますね。私は経験ないですけど。

・なぜイメージ映像が保坂と速水なんだ。いや、面白かったですけどね。オチがひどい(笑)

・おじさん(いとこ)可哀想に。あの額をおごるのは大変ですよ。ちなみに私の場合、あの額を出すと、財政破綻寸前になります(笑)

みなみけ7話
<今回のひとこと>
チアキ「今のところ、わたしは100円、200円、300円の皿一枚ずつの合計300円だな」
タケル「あれ、チアキちゃん、計算が怪しいね。君は賢い子だよね?」

おー……。
1000円ルールをいかに脱法するかが勝負でしたね。
このくだりはこれ以外も面白かったですが、全部書くと長いので、この辺で。
カナは登りつめましたけどね!


と、いうわけで今回の感想はこれでおしまいです。

では、またどこかで。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://hiraisoanime.blog.fc2.com/tb.php/581-64c89fcc