上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回は俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎるの第6話『灰色の世界を切り裂く修羅場』の感想です。

【あらすじ】
鋭太の『元カノ』と名乗る秋篠姫香。
幼なじみすら知らなかった少女の存在に千和と真涼は驚く。
放課後、真涼の勧誘により「自らを演出する乙女の会」の部室に来た姫香は、早速「食パンアタックはモテる!作戦」の練習に参加することに。
しかしその練習騒動で千和や真涼はまたもや風紀委員に目をつけられてしまう。
そして休日、風紀委員のバツ当番としてプールそうじをすることになった鋭太たちの前に現れたのは……?
(公式サイトより)

【感想】
・ストーリーを作る上で有用な障害を見せたという感じの回でしたかね。まあ、ちょっと安直な気もしましたけど。鋭太の行動がちと、クサいですね。もう少しふり幅を狭くすると自然なキャラになるような気がするんですが。

・千和の発想が古すぎる(笑)そもそも食パンくわえて走ってたら、角でごっつんこって何が始まりなんでしょうね。代名詞みたいになってますが。実際に食パンくわえてる人は見たことないですけどね。

・妹性格悪っ(笑)どんな育ち方をしてしまったのやら。金持ちも大変だ。

俺修羅6話
<今回のひとこと>
愛衣「廃部決定よ!」
うーん、ありがち(笑)
そもそもこの部って公認されてるんですかね。
無いものは廃止できませんからね。
でも、1話で顧問たてたみたいなことを言っていたから公認はされてるのか?


と、いうわけで今回の感想はこれでおしまいです。

では、またどこかで。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://hiraisoanime.blog.fc2.com/tb.php/575-8b8b5fe1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。