上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回はたまこまーけっとの第5話『一夜を共に過ごしたぜ』の感想です。

【あらすじ】
夏。たまこ達は臨海学校に行くことに。
泳げないたまこは、みどり達とプールで練習をして海に備える。
一方、もち蔵はデラの強引な提案でたまこに思いを伝えることに・・・・・・。
(公式サイトより)

【感想】
・今後の軸としてはゆるいながらも、恋愛を中心にすえていくんですかね。デラの話もこれから出てくるんでしょうし、どうなるのかなっていう感じです。

・み、みどりちゃん! これはゆりゆらららゆるゆり大事件ですね!

・デラのポジションがはっきりしてきましたね。たまこを中心にした人間関係を、俯瞰(ふかん)的に見させるキャラクターって感じですね。若干(?)ナルシストですが、紳士なのは間違いないですよ。

たまこまーけっと5話
<今回のひとこと>
みどり「ねえ、たまこって大路のことどう思ってるの?」
たまこ「ん? どうって?」
みどり「どうって、って……」
たまこ「幼なじみだよ。というか、餅屋仲間」
みどり「そうだよねっ! じゃあさ、わたしのことは?」
たまこ「みどりちゃん? みどりちゃんは……大好きだよ」
みどり「ありがとう……」

♪ゆりゆららららゆるゆり ゆりゆららららゆるゆり 大事件!♪
はい、しつこいですね……。みどりちゃん結構好きなキャラなので、なんか色々テンションあがっちゃいまして…。
というか、もち蔵の救いようがもはや無くなりつつありますよね。
たまこには幼なじみ以前に餅屋仲間扱いですし、みどりちゃんという高い壁がいますし…。
まあ、最後は和解したのか? みたいな感じにはなってましたが。
とりあえず、頑張れ……。


と、いうわけで今回の感想はこれでおしまいです。

では、またどこかで。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://hiraisoanime.blog.fc2.com/tb.php/570-514f1694
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。