上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回はキューティクル探偵因幡の第3話『チョコレート悩殺事件・狼少女暗殺事件』の感想です。

【あらすじ】
「チョコレート悩殺事件」
バレンタインデーの因幡洋探偵事務所に、荻野がチョコを持ってやってくる。
それはなんと梓がつくったチョコだった。
これに嫉妬した荻野は洋に決闘を申し込む。
そのころ、ヴァレンティーノたちは、医療部隊のある最新作を試そうとしていた。

「狼少女暗殺事件」
本場フランスから、まだ能力に目覚めていない秘密警察犬のステラがやってくる。
護衛兼相棒を命じられた緒方は、洋らとともに歓迎会を行おうとケーキ屋へ向かう。
しかし、その店の店員はどうも様子がおかしくて……?
(ともに執筆管理人。公式参考)

【感想】
・ふっ、バレンタインなんて、チョコ会社の陰謀じゃーーつ!

・ヴァレンティーノたちは結構いい線までいくんですよね、兵器とか。それがうまく使えないところが、非常に残念なところですねえ。

・血をなめたら危ないとか、結構危険だな……。言っても人工生命体ということですね。

キューティクル探偵因幡3話
<今回のひとこと>
荻野「かわいい、かわいい、俺の娘が用意した、大事なチョコを、いらんと言うならお前を殺す! 欲しければ俺を殺せ!」
圭「どっちにしろ死亡決定じゃないか!」

親バカすぎて、もう恐いよ……。
ある意味、ライン超えちゃってるよ。
なぜチョコをもらうのに命をかけなければいけないのか。


と、いうわけで今回の感想はこれでおしまいです。

では、またどこかで。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://hiraisoanime.blog.fc2.com/tb.php/568-6e3d728f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。