今回はみなみけ ただいまの第4話『この青い夏空の下で男は汗を流す』の感想です。

【あらすじ】
いつものようにハルカのための弁当を用意した保坂だったが、今日も渡すことはできなかった。
その日の放課後、部活に出ずに帰宅しようとしていたナツキを呼び止めた保坂は、
ナツキが部活に出られないのは家族の食事の用意のためだと知る。
翌日、保坂はナツキが部活に出られるようにと、もうひとつの南家全員分の弁当を用意してくる。
(公式サイトより)

【感想】
・うわー、なんかすごいのキター。強烈キャラですね、保坂くん。

・梅雨は嫌ですけど、今の時期より暖かいんでマシかもしれません。いや、梅雨になったら冬のほうがいいとか言い出すんですけどね。

・保坂はバカなんですね。うん。バカだよ、この子(笑)

みなみけ4話
<今回のひとこと>
保坂「はたして俺は、お湯だけで、南春香を笑顔にすることが出来るのか。答えてくれ、俺のやかんよ!」
速水「ねー、お皿はどうしたのー?」
保坂「はっ!」

おかしいだろ!
お皿とやかんのすり替えに何で気づかないんだよ!
いや、気づいているのに、なんで受け入れっちゃってんだよ!
ツッコミ所満載でした(笑)


と、いうわけで今回の感想はこれでおしまいです。

では、またどこかで。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://hiraisoanime.blog.fc2.com/tb.php/565-2fb7c2c8