上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回はヨルムンガンド PERFECT ORDERの全体感想です。

ヨルムンガンドキー

【あらすじ】
1.痛烈な風刺
この作品の1つの見所は、現実社会と作品の世界がリンクしているところです。

まったくもって一致しているわけではないですが、ところどころそれを匂わすセリフがあったりします。こういう作品はあまり見受けられません。日本という単独の社会ならよくありますが、世界をフィールドにしているところが斬新なところだったと思います。

そして、作中語られるあらゆる事態は報道されないだけで、きっとどこかにあるんじゃないか、というリアリティがあります。そしてそのリアリティを覆すひとつのアイディアとして原作者は「ヨルムンガンド」計画を立ち上げたのだと思います。

このままでは人間は自ら衰退、破滅への道を歩んでしまうのではないか、という風刺的な要素を私はこの作品から感じました。(まあ、深読みかもしれませんけどね)

2.ガンアクション
1期と変わらず、ガンアクションシーンは迫力がありました
私は、ロボットアクションがあまり得意ではないので、そういうアニメはほとんど見ないのですが、ガンアクションは比較的好きで、その中でも社会風刺的要素が強い作品が特に好きです。

この作品はそんな私の嗜好にうまくはまった作品でした。この作品以外だと「GUNSLINGER GIRL」なんかが好きですね。

まあ、ちょっとココ部隊やキャスパーの私兵(チェキータさんとか)は強すぎる感がしないでもないですけど。もはや無敵に近いですからね。

3.分割の意味
ちょっと「ん?」というところとしては、なぜ分割2クールにする必要があったのか、でしょうね。

多分商業的な理由が大きいのだと思います。山は複数作ったほうが、販売しやすいですからねえ。
しかし、完全に視聴者目線で見れば、一気にやってくれた方が親切だと思います。
特に2期の1話ではほとんど設定に対する説明がなかったことを考えると、制作サイドは分割で新たなファン層をとらえるというところに重きは置いていないのではないか、と感じました。

とするならば、やはり連続2クールで良かったんじゃないか、という気がします。

しかし、逆に「中だるみ防止」も考えられます。
長くやると、どうしても真ん中周辺のエピソードは飽きが来て中だるみが起きやすいです。
特にヨルムンガンドの場合、短いエピソード(1~2話)の連作なので、うまく配置しないとパターンで飽きられる可能性もあったと思います。

こちらを考えると分割2クールは正解のような気もします。

まあ、人によりけりってところですかね(笑)

4.非日常?日常?
戦争ばかりしている国や地域。
常に銃を持ち戦う人々。

私たちから見れば極めて非日常です。
人によっては刺激たくさんで面白そうという人もいるでしょう。

しかし、当事者たちにとってはこれは苦しい日常です。
人が死ぬ。
自分が死ぬかもしれない。
狂った人間の様。

そんな中にいる人々にとって、日本のような国はえらく非日常のはずです。

この側面をもってすれば、これは痛いほどリアルな作品です。

でも、その反面、ココの部隊はコミカルなシーンも描かれました。
きっとこれもリアルなのでしょう。
銃を持っている人も人間です。冗談だって言うでしょうし、ずっといれば連帯感にようなものも生まれるはずです。
そんな日常/非日常の垣根があいまいなところがこの作品最大の魅力であり、武器だったと思います。

5.総評
久々に続きが気になる!と思わせてくれた作品でした。
このような意欲的な作品が増えるといいな、と思います。
ココみたいな天才、現れませんかねえ。

と、いうわけで今回の感想はこれでおしまいです。

では、またどこかで。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://hiraisoanime.blog.fc2.com/tb.php/534-e18202ed
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。