上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回は中二病でも恋がしたい!の第11話『片翼の堕天使(フォーリン・エンジェル)』の感想です。

【あらすじ】
六花は眼帯を外し、中二病から卒業することを決心した。
元中二病である森夏からのアドバイスを手がかりに、六花なりの努力が見える。
そんな姿にホッとしつつも、冴えない表情の勇太。凸守は六花を中二病へと戻そうとするがどうにもならない。
(公式サイトより)

【感想】
・全編シリアスでしたね。よもやこっちにシフトするとは。中二病のファンとしては実にけしからん展開です(笑)

・ちょっと、凸守がかわいそうな回でしたねえ。彼女、頭はいいのでいろいろ理解はしているのでしょうが、それがゆえ、あきらめられないといったところでしょうか。

・乙女心は複雑だわ……と思いました。京アニらしく、表情で心情の揺れを出す演出が多かったですね。よかったと思いますが、凸守の解説(勇太への訴え)がないと、ちょっと真意が分からなかったです。

中二病でも恋がしたい!11話
<今回のひとこと>
勇太「言ってあいつを喜ばせて、なんになるって言うんだよ! 不可視境界線なんて無いんだよ! あいつの父親は墓の中なんだよ。俺には、どうしようもできないんだよ。あいつがどんなにそれを願おうと、いくら設定をつくろうと、どんなに自分に力があると信じても、無いものは無いんだよ!」
2回ほど前の記事で「勇太は六花の絶対的な味方だ」というようなことを書いたのですが、予想に反した方に話が進みました。
ただ、こうなっても私は勇太は六花の味方でなければいけないと思います。

勇太は同級生で、恋人ではありますが、保護者・指導者ではありません。
本来、十花さんや家族がやらなければいけなかったことを勇太に押し付け、代行させてしまったのです。
勇太は六花に現実を見せるのではなく「味方だよ」というメッセージを出し続けることが役割だったはずなのに。

これは同性間でもなかなかできない、異性間独特なもののような気がします。
相互依存するのが、恋愛のような気がする(実体験が…)ので、勇太が矯正させる必要は無かったと思います。


と、いうわけで今回の感想はこれでおしまいです。

では、またどこかで。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://hiraisoanime.blog.fc2.com/tb.php/508-aa29fc70
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。