今回は神様はじめましたの第8話『神様、海へいく』の感想です。

【あらすじ】
水族館に行って以来、巴衛と自然に接することができない奈々生。巴衛の態度は変わらないが、奈々生にこれまでのように触れてはこない。元気のない奈々生を見たあみは、奈々生を海水浴に誘う。しかし、巴衛は海に入れない理由があるといい、奈々生を守ることができないと反対するが、結局、瑞希と巴衛も一緒に行くことに。海水浴を楽しむ奈々生たちだったが、あみが溺れてしまい、助けるために巴衛が海の中へ入ることになり…
(公式サイトより)

【感想】
・起承転結で言えば、承というところでしょうか。それにしてもミカゲは何を考えているのでしょうねえ。

・海かあ……。泳ぐのはあまり得意ではないですし、海自体ちょっと恐いイメージがあるのであまりいいイメージはないですねえ。まあ、目の保養には……ごほっごほっ。

・瑞希は声は優しそうですがものすっごい腹黒そうです(笑) 実際そんな感じですけどね。

神様はじめました8話
<今回のひとこと>
ミカゲ「せっかくだからひと泳ぎしますか」
飛び込んだけど浅瀬だったようです(笑)
テレビのコントじゃないんだから。
今回一番笑ったシーンです。


と、いうわけで今回の感想はこれでおしまいです。

では、またどこかで。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://hiraisoanime.blog.fc2.com/tb.php/494-4d52dc71