今回はヨルムンガンド PERFECT ORDERの第7話(第19話)『Pazuzu』の感想です。

【あらすじ】
イラクを訪れ、過去の思い出話として湾岸戦争従軍時にレームと出会い、共に特殊作戦に従事していたことを語るワイリ。今回はビジネスではなくHCLIの慈善事業で資材を運ぶ予定だったが、同行するPMC(民間軍事会社)の暴走により一般人に被害が出てしまう。ココが彼らを解任したことにより、危険なイラクで少人数での物資輸送を行うことになる。
(公式サイトより)

【感想】
・この回はこの作品の魅力が詰まった回でしたね。シリアスなんですが、どこかコミカルで笑ってしまう。そんな不思議な感覚が味わえる回でした。

・あの民間の護衛、最悪じゃないですか。銃を撃つことに抵抗が無くなるとああなっちゃうんですかね。まあ、イラク戦争はゲームみたいな軍人もいれば、日々死ぬ恐怖を味わう兵士もいる特異な戦争ですが。

・ヨナの警戒度がマックスに(笑)まあ、プラスに転じて良かったんじゃないですか?

ヨルムンガンド7話
↑ヤバい香りがプンプンです
<今回のひとこと>
レーム「あのなあ、ヨナくん。俺が超神兵なのは当然なんだけど、ワイリも結構レベル高いんだよ。つか、ヤバい。ワイリ、ヤバい」
なんか言い方が面白かったです(笑)
にしても、ワイリがそんな危険人物だったとは。普段あんまり目立たないんですがね。
爆弾で遊ぶとか……恐っ。


と、いうわけで今回の感想はこれでおしまいです。

では、またどこかで。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://hiraisoanime.blog.fc2.com/tb.php/488-0216fccc