上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回はさくら荘のペットな彼女の第6話『雨あがりの青』の感想です。

【あらすじ】
ましろ当番になった七海は何もできないましろの世話を、バイトやさくら荘の食事当番、養成所の中間発表会の練習と一緒に完璧にこなし続ける。
そんな七海のことを心配して仁に相談する空太だったが、ふとしたきっかけで仁の秘密を知ってしまうことに!

美咲には黙っていて欲しいと言われるが、直後に当の美咲から仁の事で相談されてどぎまぎしてしまう。
そうこうするうちに七海は中間発表会の当日を迎えるが、連日の無理がたたって体調を崩してしまう…。
(公式サイトより)

【感想】
・青山編はおしまいと言ったところですね。失敗させるところが良かったんじゃないでしょうか。この作品は結果は悪くても前進するのでなんだか安心します。

・仁は美咲のことをどうしたいのでしょうか。近すぎて、ということもあるんでしょうけどねえ。

・ましろ当番はやっぱり空太がいいと思いますね。ツッコミながらも色々してくれますし。目的がきちんとさせることではないので、ましろも居心地がいいのでは? もっとも、別の意味でもですが(笑)

・とらじろう(漢字が分からない!)だいぶ際どいこと言っちゃってますね。心の声が出てるよ青山さん。

さくら荘のペットな彼女6話
<今回のひとこと>
空太「青山は頑張ってるよ。それは俺たちがよく分かってるから」
青山「何で……何でそんなん言うの……。そんなん言われたら、うち……。だって、そんなんずっと言って欲しかってん!」

今の世の中は頑張っても誉められないことがなんとなく多い気がします。
日本社会はたくさんの頑張りによって維持されているので、頑張ることをすごいこと、つまり一段上においてしまうと、上手く機能しなくなってしまうからだと私は考えています。
すべてを頑張らなくてはいけない社会は生きづらいです。
自分の出来る部分だけ頑張ればいいのに……。
「頑張ったね」と言われるより、言う人間になりたいとこの回を見て思いました。

※ところでセリフが関西弁(細かくは分からないです(汗))なのですが、これ間違ってませんかね? 耳で聞こえたものを文章にしているので合っているのか自信がありません…。誰か間違っていたらご指摘くださいまし。


と、いうわけで今回の感想はこれでおしまいです。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://hiraisoanime.blog.fc2.com/tb.php/484-7150ca70
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。