上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回はリトルバスターズ!の第5話『なくしものを探しに』の感想です。

【あらすじ】
野球の練習中は鈴たちとじゃれあって楽しく過ごす小毬だったが、夢の中の兄のことを思うとせつない笑顔を浮かべる。
理樹はそんな小毬のために兄を探すことを決意する。小毬の兄は本当にいるのだろうか。それとも……?
その夜、小毬は流星群を見ようと理樹を屋上へ誘う。お菓子を食べながら、星に願いをかけるふたり。
夜が明ける頃、最後の流れ星を見た小毬はふと何かを思い出す。そして週末、理樹と小毬はふたりきりで郊外へ行く。
彼女のなくしもの、小毬の思い出を探しに……。
(公式サイトより)

【感想】
・ああ、どんどん重くなってきましたねえ。ラストの方のシーンですが、アニメで白目(正確にはハイライトなどが無い)だとヤンデレみたいで恐いんですけど。あまり好きな演出ではありません。そういうシーンじゃないですからね。小毬の場合。

・野球がひどい(笑) 鈴はやっとまともにボールが前に投げられるようになったみたいですが、真人は思いっきりボール球なのに超人的な運動神経でボールを打ち、フライに。しかし、そのフライを小毬取れず、あげくボールが見つからない。で、ランニングホームラン。おい!!

・流星群とか見たことないですねえ。一度見てみたいです。今は冬に差し掛かっているので、星なんかは見やすい季節かもしれませんねえ。今年は何か見に行ってみようかな。

リトバス5話
<今回のひとこと>
真人「筋肉~、筋肉が通ります」
もう笑うしかないです。
どんだけ筋トレ好きなんだよ。


と、いうわけで今回の感想はこれでおしまいです。

では、またどこかで。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://hiraisoanime.blog.fc2.com/tb.php/475-522932be
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。