上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回は中二病でも恋がしたい!の第6話『贖罪の・・・ 救世主(イノセント)』の感想です。

【あらすじ】
一色誠の元に一通のラブレターが届く。しかし、差出人は不明。勇太に相談するが、差出人に見当もつかない。
女の子のことが大好きで、カワイコちゃん選手権なるものを記録している一色ではあるが、差出人不明のラブレターに動揺が治まらない。
そんな一色は、ある大きな失態を犯してしまう。動揺に動揺が重なった一色がとった男のケジメとは?!
(公式サイトより)

【感想】
・よもやの一色回。まあ、面白かったですけどねえ。丹生谷の本性がだんだん拡散しているような…。

・うーん、ランク付けは男子だとやったりしますよねえ。私は非参加組でしたが。まあ、紙に記録してしまっていたところがまずかったわけですね。

・でも、これを拾った人もちょっと安易じゃないですか? これでもし最下位ランクなんかにされている人が分かってしまったら傷つくでしょう。別に公表を意図しているものではないのに、わざわざ問題にする必要があったのか? とも思います。世の中知らないことがいいこともあるのです。

・ラブレターは良く分かりませんでしたね。いたずらでは無かったような感じですが、嫌われちゃったか? 一色くん。

中二病でも恋がしたい!6話
<今回のひとこと>
六花「勇太、手を」
勇太「え、手? ……うぇっ!?」
六花「じっとして」

お、なんだなんだ(笑)
ようやくコメディ一色からラブコメに軌道修正されてきたようですね。
いいですぞ~。


と、いうわけで今回の感想はこれでおしまいです。

では、またどこかで。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://hiraisoanime.blog.fc2.com/tb.php/472-5168ffe9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。