上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回は中二病でも恋がしたい!の第3話『異端なる・・・ 双尾娘(ツインテール)』の感想です。

【あらすじ】
入学から一カ月が経過。丹生谷との距離を、なかなか縮められずにいる勇太。
チアリーディング部に体験入部した丹生谷のチアガール姿を、大勢の“偶然体育館を通りがかった連中”と一緒に、遠巻きに眺めるしかない一方で、六花からは『極東魔術結社』なる部活を一緒に立ち上げようと言い寄られる。
なぜこうも中二病ばかりが勇太に引き寄せられてくるのか?そこには新たな中二病少女が現れる。
(公式サイトより)

【感想】
・訳の分からない部活を立ち上げるという比較的ありがちな展開でしたね。うーん…部活というカテゴリーにくくるのが吉と出るか凶と出るかはまだよく分かりませんね。

・また凸守は強烈なキャラクターですね。しかも中学生。名実ともに完全な中二病ですね。

・ところで、この作品ちゃんとラブコメに行くんでしょうか。なんかコメディにしかなってないような気がするんですが。

中二病でも恋がしたい!3話
<今回のひとこと>
勇太(ななちゃん、天然のふりして意外に策士!)
そんな切り返しがあったとは。
正面きっての切り返しは意味がないということですね。
まあ、普通の人ならいいんでしょうが、世界観ありすぎな人にはその世界観で話をしなければいけない、と。


と、いうわけで今回の感想はこれでおしまいです。

では、またどこかで。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://hiraisoanime.blog.fc2.com/tb.php/450-642e8284
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。