上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回はひだまりスケッチ×ハニカムの第3話『8月31日 夏休み最後の来訪者・9月1日 おかしもち』の感想です。

【あらすじ】
<8月31日>
夏休み最後の日、前日どこかに遊びに行こうと言っていたゆのと宮子だったが、起きてみると猛烈な暴風雨。タイミング悪く台風が直撃してしまった。食料も無く、かといって買い出しにも出れない状態に、仕方なく二人ははヒロのもとへ向かう。するとひだまり荘の住人と次々遭遇。みんな考えることは一緒だったようで…。

<9月1日>
2学期の始業日。やまぶき高校では避難訓練が行われることになっていた。吉野家先生は訓練にも関わらずシチュエーションについて真面目に考えたりなどいくつかトラブルがあったものの、訓練自体は終了。そして学校に地震体験者が来るのだが、その体験代表になぜかゆのが選ばれてしまう…。
(執筆管理人。公式サイトを参考にしています)

【感想】
・ヒロさんの家はひだまり荘の食糧庫なんですね(笑) にしても、それでペペロンチーノを作ろうと思い立つとはヒロさん女子力高すぎです。

・一度だけまったくの抜き打ちで訓練をさせられたことがあります。すぐに「これは訓練です」という放送がありましたが、急にやられたのでやはりびっくりしました。備えは重要ですね。吉野家先生のようにシチュエーションまで考える余裕はありませんでした。

・地震体験はしたことあります。震度6以上は結構きつかったですね。来るのは分かっているので怖さは無いですが、体が色々なところにあたって痛かったです。まあ、東日本大震災の時の震度5弱で本当の恐怖を味わいましたが……。

ひだまりスケッチ3話
<今回のひとこと>
乃莉「でも、屈強なマッチョなんかピクリとも風に動じずに、『すごい風です!』って言ってても、いまいちすごさが伝わらないですよ?」
確かに(笑)
でも、まあ、あのリポート方式は意味があるのかはなはだ疑問ですね。
わざわざ局員を危険な場所に連れていくわけですから。


と、いうわけで今回の感想はこれでおしまいです。

では、またどこかで。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://hiraisoanime.blog.fc2.com/tb.php/448-3c8c9372
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。