今回はとなりの怪物くんの第3話『やっかい』の感想です。

【あらすじ】
正直に自分の気持ちを伝えたのに、春からの思いもよらない返事に戸惑う雫。そんな雫をよそに、春が拾ったニワトリ「名古屋」を学校で飼うことが決まり、あさ子、ササヤンと共に鶏小屋を作ることになった。休日に集まった4人はホームセンターへ向かうが、そこでヤマケン達と再び遭遇。予期せぬ再会に逃げ出す雫だったが、ひょんなことから一緒に鶏小屋を作ることになり……。
(公式サイトより)

【感想】
・まさかの鳥小屋自作。でも確かに高校のときにはもう鶏小屋はありませんでしたねえ。

・うーん、なんか青春してますねえ。こう考えるとそちら方面では真っ暗な高校時代を送ってますね……orz

・雫のお父さんびっくりですね。いきなり娘が誰だか分からない男の子連れてきたら。

となりの怪物くん3話
〈今回のひとこと〉
雫「どんなに考えてたって、他人の気持ちなんて想像できない。だったらぶつかってみるしかない」
確かにそうですねえ。
うだうだ考える方が無駄かもしれません。
私は考え過ぎなほど考えるタイプなので、多少直した方がいいかもしれませんね。


と、いうことで今回の感想はこれでおしまいです。

では、またどこかで。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://hiraisoanime.blog.fc2.com/tb.php/444-3cfb4968