今回はてーきゅうの第3話『先輩と黄金狂時代』の感想です。

【あらすじ】
元気でキレイで優しくて、でも変態なテニス部員の“まりも”。
パンツをかぶっているところをユリに見つかって、
一度は反省したかと思いきや、
まりもの変態ぶりは更にエスカレートしていき…。

【感想】
・花澤さんが関西弁を話していたので、新鮮な感じがしました。でも、こんな役で使って大丈夫か…。

・パンツ食べるって…何を考えていた!

<今回のひとこと>
ユリ
「坂東まりも先輩。
テニス部の2年生です。
元気でキレイで優しくて、とってもいい先輩なんですが、

変態なんです

てーきゅう3話
コメントはいりませんね(笑)

と、いうわけで今回の感想はこれでおしまいです。

では、またどこかで。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://hiraisoanime.blog.fc2.com/tb.php/443-dc36c48b