上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回は貧乏神が!の第12話・第13話の感想です。
貧乏神が!はこの回が最終回です。

第12話『いつか名前で呼んで』
【あらすじ】
性格が180度変わった紅葉が市子の前に現れた。聞けば、貧乏神は人間界で洗われると、貧乏神の力を失ってしまうのだと言う。最初はいつもの紅葉による企みだと思っていた市子だったが、徐々にどうやら本当らしいことに気づく。どこか居心地の悪さを感じつつも、平和な日常が戻ってきたと感じる市子。しかし、それは長くは続かなかった……。
(執筆管理人)

【感想】
・コメディとシリアスが上手く混ざっているこの作品らしい回でした。最終回への引きとしてはなかなかの出来だと思いますよ。

・懋琵威最高です。ただのど変態ですが、それすなわち男性代表でもあるのです。あんな会話女の子としてみたい……。無理だろうなあ(泣)

・裏紅葉の性格がよすぎる(笑) 裏紅葉みたいな人が実際にいたら、モテモテですよ。かわいいし。表の紅葉は人はいいんですが、素直に出すタイプではないですからね。

貧乏神が!12話
<今回のひとこと>
紅葉「バイバイ。市子」
あれ、このアニメこんな作品でしたっけ?
何ですか、この胸温まる感情は!
涙で前が曇って見えないよ…(←ちょっと大げさ)



第13話『それもう答え出てるだろ』
【あらすじ】
市子は裏紅葉が自ら表に戻るのを土壇場で阻止し、家を飛び出す。そして途中で合流した嵐丸、懋琵威と共に、紅葉を元に戻そうとする熊谷と桃央から逃避行を始める。嵐丸が桃央を引き付けるため三人から離れ、市子もまた熊谷を妨害するために紅葉から離れる。そこで市子は紅葉、そして貧乏神に隠されたある秘密を知る――。
(執筆管理人)

【感想】
・王道な終わり方でよかったです。なんだか見ている方がホッとするストーリーでした。最近は必ずしもきれいな終わり方をする作品が多いわけではないので、こういう終わり方は逆に新鮮な感じもしました。

・懋琵威は最終回まで変態でしたね。最後の最後にあったおまけシーンは爆笑でした。

・熊谷が本気だとちょっと恐いですね。言っても使い魔ですしね。顔はあんなんでもあなどれません。

貧乏神が!13話
<今回のひとこと>
紅葉「人の幸せしか考えられない人は、いつか自分自身を破滅させるわ。市子だってかつて胡桃という子の幸せだけを望んだためにどういう結果になったか知ってるはず」
市子「な、なんでそれを」
紅葉「だからね、市子。あなたが心から私を必要としてくれるなら、私はいつまでもあなたのそばにいるわ」

なんて良い話なんでしょう…。
まあ、冗談はさておいて、この紅葉の発言はハッとさせられました。
私は小さい時から優しいと言われることが多かったのですが(もっとも最近はあまり言われませんけどw)、自分の中で「あの行為は本当に人のためを思ってやっていたのか?」「自分自身の見返りのためなんじゃないのか?」とジレンマみたいなものを抱えていました。
その疑問がすっと解けた気がします。
動機がどんなに自己中心的であろうとも、それが結果的に人のためになればよいということなんですね。
これならウィンウィンの関係で、誰も不幸にはなりません。もちろんその自己中心的な行動が人を傷つけてはいけませんが。
そうか、そうか。
とても心が楽になった気がします。


と、いうわけで今回の感想はこれでおしまいです。

では、またどこかで。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://hiraisoanime.blog.fc2.com/tb.php/432-07c676d8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。