今回はとなりの怪物くんの第2話『変』の感想です。

【あらすじ】
ニワトリを拾ってきたり、急に逃げ出したりする春の奇行には慣れてきたものの、露骨なアプローチにどう対応していいか困り果てる雫。しかし、一緒に過ごす中で確実に春を意識していると気付き始めていた。そんなある日、下校途中に同じクラスのあさ子から勉強を教えてほしいと頼まれる。事情を知った春は、あさ子に勉強を教えることになったが、勉強会での2人の様子を見て、雫は思うところがあるようで……。
(公式サイトより)

【感想】
・新キャラが2人出ましたが、あまり違和感も無く、スムーズにストーリーに入っていたと思います。まだ正確なキャラクター像は分かりませんが、コミカルなキャラクター設定がこの作品の特徴であり、魅力かなと思います。

・吐いてましたね……。私の記憶上、吐いてしまった女性キャラクターは「銀魂」の神楽以来2人目です。

・恋愛関係が出来てるんだか、出来てないんだかって感じですねえ。春の「好き」は真意がよくつかめません。まあ、それに振り回される雫と言うのが今後の構図なんですかね。

となりの怪物くん2


<今回のひとこと>
雫「価値観が変わる。それは世界が変わったと言えるのかもしれない。もしそうなら、わたしの世界を変えたのは、春だ」
多分これは正解でしょう。
人は必ずある価値観のもと生きています。私たちが見ている、あるいは感じているものはその価値観と言うフィルターを通して、世界として認識されます。
だから、「価値観が変わる=自分の生きている世界が変わる」というのは真理だろうと思います。
密に特定のある誰かと交流する恋愛はその価値観の変容を最も促すものなのかもしれませんね。


と、いうわけで今回の感想はこれでおしまいです。

今回から画像を入れてみましたがどうでしょう。一応ひとことの場面あるいは近しい場面を使うつもりです。
今回は……な感じですが。上手くやる方法がよく分かっておりません。(修正してみました

では、またどこかで。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://hiraisoanime.blog.fc2.com/tb.php/425-49b7318e