今回はC3-シーキューブ第6話『球形硝子に似て脆弱な』の感想です。

【よかったところ】
・新エピソード突入です。導入はそれなりだったんではないでしょうか。依頼引き受け型ですね。

・サヴェレンティは怪しげな感じがしていいんじゃないでしょうか。前エピソードのピーヴィーよりは感情移入できそうです。

【悪かったところ・その他】
・サヴェレンティの登場、退場の仕方がよく分かりませんでした。呪われた人形はどこでもドアみたいなものを持つことができるんですかね。よくわからない暗闇に入っていつの間に消えるというのでは、描写不足ではないでしょうか。

と、いうことで今回の感想はこれでおしまいにします。

次回はアニメ情報についての記事を書く予定です。

では、またどこかで。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://hiraisoanime.blog.fc2.com/tb.php/41-e840fc12