上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回はゆるゆり♪♪の第10話『修学旅行R』の感想です。
ゆるゆり リングメモ ちなつ

【あらすじ…というかコメント】
久しぶりだな諸君。理科教師の西垣奈々だ。
しかし、どうしたものか……。実は前回募集してからというもの、誰一人として爆友が増えないんだ。
そもそも、私にとって爆発とは何か? そう、爆発は様々な実験の結果にすぎず、私の目的はあくまでも実験のはずだった。
だが、いつしか爆発は私の中で大きくなっていた。はたして、爆発のための実験なのか、実験のための爆発なのか……難しいな。
っと、すまない、あらすじを忘れていた。
確か、また修学旅行に行く2年生と、留守番組の1年生の話のはずだ……ん?
そうか、わかったぞ。修学旅行も爆発と一緒で、つまり何度やってもいいということか!
よし、これで今後も安心して爆発ができドッカアァァァァァァァァァァン!
(公式サイトより)

【感想】
・また修学旅行かと思ったらそういうことですか。何でもありですね。このアニメは。

・最初のシーン。アッカリーン!の後、よく聞くとちゃんと、ンーリカッア!って言ってるんですね。感心しました。

・櫻子のお姉さんの声が、斉藤千和さんなので、化物語のひたぎに聞こえてくる……。いかんいかん。

・ちなつが怖すぎます……。あれこそまさにありがた迷惑。2回拒否されたらそれは遠慮ではなく本心です。

<今回のひとこと>
ちなつ「耳かきもお姉ちゃんに褒められたのよ。まるで屈強なガテン系の道路工事ね、って」
耳がとんでもないことに~!!
どんだけ掘り起こすつもりなんだ!
終わった後、本来の耳の機能は残存しているのでしょうか……?


と、いうわけで今回の感想はこれでおしまいです。

では、またどこかで。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://hiraisoanime.blog.fc2.com/tb.php/396-9df44cad
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。