上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回は氷菓の第14話・第15話の感想です。
クドリャフカの順番 (角川文庫)

第14話『ワイルド・ファイア』
【あらすじ】
お料理対決に参加した古典部の3人、える、里志、摩耶花。里志からえるとバトンが渡され順調に料理を仕上げていく。でも最後のバトンを受け取るはずの摩耶花がいない。
(公式サイトより)

【感想】
・なかなか面白い回でした。奉太郎が叫んでましたねえ。

・里志はデータベースの割に行動は抜けてるところがありますね。まさか大根の皮を切り終ってから剥くとは。余計時間かかるでしょうに。料理しない私でも分かります。

・入須先輩の人にものを頼むテクニック講座は面白かったです。奉太郎はまんまと乗っていたわけですね。さすが女帝。

・杉田さん……はじけすぎです。ヒロインの決めセリフとっちゃいかんでしょう。「私、気になります!」


第15話『十文字事件』
【あらすじ】
お料理対決「ワイルド・ファイア」で優勝した古典部。優勝の余韻冷めやらぬうちに、えるがまた気になる事件を持ち込んだ。「十文字事件」。十文字はなぜ事件を起こしたのか!?気になります!
(公式サイトより)

【感想】
・十文字、なるほど。読み方にポイントがね。ラジオで里志役の阪口さんが間違えたと言っていた意味が分かりました。

・えるの要求を断れないということは……そういうことですか? 摩耶花には笑われてましたけどね。

・漫研のコスプレキャラクターたちの性格の悪さがすごいですね。ボカロの格好でそういうことを言うな(笑) 摩耶花には頑張ってほしいところです。

・里志は変わっていく奉太郎にどこか嫉妬感があるのかなあ、と思いました。今までは自分の範囲内で動いてくれていた人物が急に自らのテリトリー外に歩いて行ってしまう、そんな悔しさもあるのかしら、などとも考えました。まあ、今後見ていきたいと思います。


と、いうわけで今回の感想はおしまいです。

もうお気づきかもしれませんが、しばらく氷菓とゆるゆり♪♪の感想を集中的に書きます。

では、またどこかで。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://hiraisoanime.blog.fc2.com/tb.php/383-13c8b731
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。