今回は謎の彼女Xの全体感想です。
変な時間の投稿で申し訳ありません。PCが共同なので家族が使ってると、何もできないのです。
謎の彼女X 4(期間限定版) [Blu-ray]

【全体的な感想】
春アニメいや、今まで私が見てきたアニメの中でも一番異色の作品に入ると思います。とても設定が独特なので、入れない人は入れないでしょうし、入れる人はくせになってしまうアニメだと思いました。

その設定ですが、椿(主人公の男の子)は好きな卜部(ヒロイン)のよだれを舐めなければ禁断症状が出ます。は? という感じかもしれませんが、そういう設定です。かつ、両者はよだれを通じて、相手の考えていることが分かったり、感情がそのまま出たりといった不思議な現象を起こします。

このアニメ最大の魅力であると同時に、最大の欠点はこのよだれです。しかも演出上かなり色っぽく(まあ、エロいです)描かれるので、生理的に無理という人は1話でアウトでしょう。私は案外こういうのは平気なので、途中から普通に見ていましたが。

このよだれ設定を除けば、純情な二人の恋愛ストーリーと見ることのできる作品だと思います。その中でもキーを握ってるのは丘でしょう。彼女はよだれ設定を知っていると同時に、卜部のよだれを舐めれば椿と同じような現象を起こせる人間なので、二人の関係やストーリーを進ませるオールのような役割を持っていたと思います。キャラクター的にも面白いので、私は飽きることなく作品を見ることができました。

もうひとつ重要なのは卜部の声優さんでしょう。今回卜部の声を演じていた吉谷彩子さんは声優初挑戦、いわば素人です。これに関しては色々意見があったようですが、私は間違っていたとは思いません。むしろ、プロの声優には出せない声の「違和感」(下手というか、浮いてると言う感じです。分かりますかね?)が、卜部の謎なキャラクター性と相まって非常に効果的に発揮されていたと思います。ベストキャスティングだったんじゃないでしょうか。

と、まあ、だいぶほめ倒しましたわけですが、それはすごく好きな作品だからです。駄目という人からすればよだれがあげられるのかもしれませんが、個人的には味のある設定だったと思います。こういう面は主観的なので反論されても困る部分なのですが。

続きも見てみたいなあ、と感じるアニメでした!


と、いうわけで今回の感想はこれでおしまいです。

では、またどこかで。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://hiraisoanime.blog.fc2.com/tb.php/379-7426eab3