上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回は黄昏乙女×アムネジアの全体感想です。
黄昏乙女 × アムネジア 第4巻 [Blu-ray]

【全体的な感想】
この作品は幽霊がホラーものではない形でキャラ化されているところに特徴がありました。とはいえ、最近このようなキャラクターがいるアニメ作品は増えてきていると思うので、それだけではそこまで差異化になはなっていなかったと思います。

大きく差異が見えるのは、幽霊が「怪異調査部」を作るという矛盾を抱えた設定ではないでしょうか。かくいう私もこの設定を見て「おもしろそう」と感じて、作品を見ていました。

序盤はこの設定を生かした話が多く、コメディタッチに描かれるシーンも多かったので見ていて楽しかったです。貞一くんと夕子さんのイチャイチャも「すごいなあ」と思いつつ視聴していました。

ですが、中盤から終盤にかけては夕子さんの過去に絡めた重い話が多くを占めるようになりました。この展開はかなり奥まで踏み込んでいて、夕子さんが幽霊になった理由まで描いています。しかし、私が得ている情報では原作はまだそこまで描いていません。そういう状況でここまでストーリーを展開させてしまうのはどうなのかなあ、と思います。作品の雰囲気が壊れていたわけではないですし、整合性もかなり取れていたとは思いますが、原作を飛び越えすぎな感が否めないです。

まあ、かなり先走ってはいましたが、終盤のエピソードから最終回までが引き込まれる話だったこともまた事実なので一概に問題だとは言えませんけどね。

全体的には幽霊ものというよりは恋愛作品という感じがしました。人間同士では無い恋愛というありがちな設定ではありましたが、そこに謎要素を含ませることで面白いストーリーに仕上がっていましたので、悪い評価にはならない作品だと思います!


と、いうわけで今回の感想はこれでおしまいです。

次回は人類は衰退しましたの感想を書く予定です。

では、またどこかで。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://hiraisoanime.blog.fc2.com/tb.php/368-e8e84d26
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。