上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回はヨルムンガンドの全体感想です。
ヨルムンガンド 3 <初回限定版> [Blu-ray]

【全体的な感想】
テレビアニメでは珍しい現代を舞台にしたガンアクションもので、とても面白かったです。

私個人の中では、ガンスリンガーガール以来のガンアクションものでした。まあ、ガンスリはかなり重い話で、コミカル部分はほとんど無かったですが、こちらは民兵というかたちの組織であるため、コメディ等々色々な話を入れやすい構成をしていたかな、と思います。

この作品最大の特徴と言えば、やはりアクションの迫力でしょう。
バトルシーンではかなりハラハラする展開が多く、見ていて飽きるということは無かったです。もちろんグロいシーンはテレビ放映作品ですから控え目になっていると思いますが、展開的にバトルを面白く見せることができていたと思います。それにしても、ココたちは強すぎです。今のところほぼ無敵でしょう。

ですが、ココが武器商人であるという一般の視聴者があまり想像できない設定であるため、バトルへ至る過程、もしくは相手との交渉場面での会話はよく分からないところが多かったです。まあ、必ずしも分かる必要はないのかもしれませんが、気になる人は気になると思います。

この要因は前に感想記事中でも書いたかもしれませんが、状況を説明するキャラクターがいないことです。全員がその道のプロフェッショナルであり、ココの行動を理解してしまっているのです。状況説明キャラとして一番分かりやすい例はあまりそれに詳しくないキャラクターをそこに放り込み、そのキャラクターの行動を視聴者(読者)に疑似体験させるというものでしょう。こうすれば、放り込まれキャラが分からないことを誰かが説明してくれるので、見ている側としては話についていきやすいはずです。しかし、この作品の場合、放り込まれるヨナも武器関連に関しては良く分かっているので、私たちと同一であるとは見なせません。結果、誰も状況を客観的に説明してくれないという事態になり、視聴者に若干の混乱をきたしたのだと思います。

とはいえ、ストーリー自体はそこが分からなくても、筋が通るように作られており大きな欠点にはなり得ていないと思いますが。

節々のセリフで現代の社会状況を示唆するようなセリフがあり、考えさせられることの多いアニメでした。

2期ではココの本当の目的などが明らかになってくるでしょうから、楽しみです!


と、いうわけで今回の感想はこれでおしまいです。

次回は氷菓の感想を書く予定です。

では、またどこかで。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://hiraisoanime.blog.fc2.com/tb.php/360-c0f73fd2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。